ads by microad

私とあの人の境界線【#Twitter300字ss/オリジナル】

服部匠@次回ちょこっとブックカフェ委託
Publish to anyone
2016-03-05 21:41:31

卒業にまつわる恋心なお話。ウエット成分おおめ、スカっとはしません。

#Twitter300字ss
お題:別れ
ジャンル:オリジナル/卒業にまつわる片思いなお話。ウエット寄り

:::::

 帰り道、見慣れた背中が見えた。いつものように友人に囲まれて笑うあの人の背中。
 いつもと違うのは、胸につけられた小さな花のコサージュと、手に持った卒業証書の筒。
 私はいつもと同じようにその背中を見つめて歩くだけ。三年間通学路が一緒だったのに、何も出来ずに時間は流れた。

 しばらくすると友人たちと別れたのか、あの人だけになった。こうして背中を眺める事が出来るのも今日で最後なのだと思うと、もどかしい気持ちが溢れて、俯いた。
 そして、

「好きです」
 と、言葉に出して呟いた。

 鼻の奥がツンとした。
 踏み切りの音がカンカンカン、と鳴る。
 あの人と私をわかつ境界線。涙でにじむ視界に、踏み切りを渡り終えたあの人の姿を見た。


ads by microad

You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


Profile
服部匠@次回ちょこっとブックカフェ委託 @tencus
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2019 Privatter All Rights Reserved.