*

この広告を停止

Dear our English-speaking friends/海外ユーザーのみなさまへ

Publish to anyone
2016-03-14 20:15:20

Dear our English-speaking friends and overseas otome game users,

I had the report of a sale date for localization the other day.
I guess some people waited for several years.
Sorry to have kept you waiting very much.

First of all, to be honest, I don't have that good of an image of overseas users.
The PC version is meant for Japanese users and distribution (technically speaking) is only domestic,
so I have a strong image of overseas users playing illegally uploaded versions.

Of course, I understand that this is not everyone and that some users have purchased it legitimately.

However, when the contents of the trial version are extracted and images that are not supposed to get out are leaked, the source usually ends up with overseas users.
I cannot get rid of this feeling that something I worked so hard to create is being stolen.

On the other hand, I also understand the argument of "I cannot get access so I have to get it illegally."

Thanks to Eurovision, which I love, I am often introduced to foreign artists.
Of course, as their CDs are often unavailable domestically, I have no choice but to search for them online. Oftentimes I am unable to purchase physical copies.
In those situations, I buy them off of iTunes. It would certainly be possible to get the tracks for free illegally.

Still, I am very interested in this talk of making an English version.
With the restriction removed, it should be easier to access than before.

Making a "purchase" is, in a sense, an investment.
We are not robots. We aren't doing charity either.
We can continue to make things because of investments from other people.

This does not only apply to our work.
If there is something that you like and it has a company, don't just talk about it. Buy it and support them.
Your investments will surely lead to a better future.
If it becomes widely known that the English version is available, I believe that the number of works distributed should increase and we can become friendly with overseas users.

Also, one last thing.
A heartfelt thanks to everyone who was involved with making the English version.
I hope the product of your efforts reaches as many people as possible!

Yumas
Poni-Pachet

----------------------------------------

海外ユーザーのみなさまへ。

発表から数年、大変おまたせいたしました。
ローカライズ版の発売です。

はじめに。
正直に申し上げますと、私は海外のユーザーにはあまりいい印象がありません。
PC版は対象が日本人向け、流通も(一応)国内のみですので、
違法アップロードされているものをプレイされているイメージが強いからです。

勿論、正規で購入されている方もいらっしゃることも、
全員そうではないこともわかっています。
中には、イベントへ参加するために日本に足を運んでくださる方もいらっしゃいます。
本当にありがたいことです。

しかしながら、PC版の体験版を中身を抽出され、
世に出ないはずの画像が流出した時も元を辿れば海外ユーザーであったりと、
一生懸命作ったものを躊躇なく盗まれているような印象がなかなか拭えずにいました。

一方、
「手に入らないから違法で手に入れるしかない」という考えも理解できます。

私はユーロビジョンが大好きです。
ユーロビジョンをきっかけに、他国の素晴らしい歌手を知ることができます。
彼らのCDの多くは、日本国内のCDショップでは取り扱われていません。
ネットで買える店を探さなくてはいけませんし、手に入れる手段がないことも多々あります。
そんな時はiTunesで買うのですが。データを違法かつ無料で手に入れることは容易いでしょう。

ですので、私にとって、今回のローカライズ版の制作はとても興味深いです。
「手に入らない」という欠点が払拭された今、以前よりも手に取りやすくなったはずです。

『購入』はある意味投資です。
私達はロボットではありません。無償奉仕もしておりません。
私達を支えてくれる方々がいるからこそ、作品を作り続けることができます。

私達の作品に限ったことではありません。
好きな作品や会社があるのであれば、
語るだけではなく、貸し借りで終えず。無理のない範囲でぜひ買い支えてください。
その投資はきっと、未来へ繋がります。
ローカライズ版の製作が有効だとより周知されれば、
配信される作品が増え、今よりもっと海外ユーザーと仲よくなれるのではと信じています。

最後に。
ローカライズ版制作に携わって下さった方々に心から感謝いたします。
みなさまの努力の結晶が多くの方に届きますように!

ゆーます
Poni-Pachet



@yumassigoto
ゆます@Poni-Pachet
Share this page URL
https://privatter.net/p/1403489

© 2021 Privatter All Rights Reserved.