この広告を停止

海外fanficを読み続けるコツ&用語集

Publish to anyone 174favs
2014-01-05 22:00:26

この前twitterで話題に出たので、「普段あまり英語に触れる機会がない・・・でも海外fanficもチャレンジしてみたい!」という方に向けて、負担なく読み続けるコツを並べてみました。本当にありきたりなことしか書いてありませんが、少しでも参考になれば嬉しいです。

1、とりあえずはAO3から
fanficが読めるサイトさんはたくさんあります。SNSだとfanfic.net、livejournal、AO3あたりが大手でしょうか。この中で一番操作性がpixivに近いのがAO3。検索機能も非常に充実していて、個人的にはオススメです。SHERLOCKタグ一覧ページはこちら(http://archiveofourown.org/tags/Sherlock%20%28TV%29/works)。灰色のサイドバーで、レート、登場キャラ・カプ、作品傾向などの絞込みができます。

2、完璧に理解しようとしない
一字一句正確に理解しようとすると、なかなか読み進められません。まずはふわっと状況を理解する程度(6割くらい?)を目指し、特に気になった作品だけ精読することをオススメします。日本語作品で培われた「萌え展開勘」も、文脈を推測する上で非常に有用です。フルに活用してください。

3、いきなり大作に挑まない
「○○さんの××シリーズが読みたい!」と明確な目標をお持ちの方は、ぜひチャレンジしてみてください。読みたいものを読むのが一番です。ただ、そういった熱意がない場合、長編は体力がいるので、燃え尽き症候群の危険性も高くなります。特にお目当ての作品がない方は、短編単発作品から始めてみてはいかがでしょうか。こまめに読了の達成感を味わえるのも魅力的ですよ。1000words以下で個人的に好きな作品も挙げてみますね。
The Declaration(http://archiveofourown.org/works/957394):シャーロックがジョンを愛していると自覚する話。540words
Cumulative(http://archiveofourown.org/works/328278):ジョンが男前なハウンドその後。444words。
Home and Dry(http://archiveofourown.org/works/574749):1000wordsを微妙に越えていますが、好きな作家さんなので(笑)雨の日の二人。

4、お手軽なテキストもの(Texting)
テキスト(メール)のやりとりで構成されている作品は、単純&短めの文章で日常的な内容が綴られているので、取っ付きやすいと思います。テキストものでオススメは
A Preference for Texting(http://archiveofourown.org/works/359785):二人ができるまでのお話。7047wordsとややボリュームがありますが、小さな区切りがたくさんあるので安心。
Auto-Correct(http://archiveofourown.org/works/285907?view_adult=true):本物のメール画像を使う凝り具合!シリーズ化されてます。

5、事件もの(Case fic)はやや難
反対に事件ものは状況が込み入っていて、長くなりがちです。また主要キャラとは直接絡まない説明パートの多いのも、萌え重視の(私のような)人間には挫折の原因になりかねません。とはいえ力作が多いジャンルですので、fanficに抵抗がなくなると積極的に摂取したくなるはず!私はThe Slash Man(http://archiveofourown.org/works/949101/chapters/1854825)の更新が待ちきれません、先生・・・

6、タグをよく見ましょう!
AO3では作品傾向やキャラの萌えどころなども詳細にタグで示されています。より自分の嗜好に合った作品に出会うためにも、タグは要チェックです!もちろんSummary(キャプション)にも目を通して下さいね。

6、左右固定派は要注意!
海外では左右の表記にあまり気を配ってくれません。Sherlock/Johnとタグ付けされていても、実際にはJ/Sだったり、リバだったりします。どうしても逆カプは無理!という方にはOmega verseがおすすめ(Omega verseは下の用語一覧参照)です。特殊設定が受けつけない場合には、性描写のない作品に留めておくのが無難でしょう。キスどまりでも素敵な作品がたくさんありますから、がっかりしないでくださいね!

7、最後まで読まなくてもよし
私も書き手ですので、これを言うのは非常に心が痛いのですが・・・「読みづらい」「好みじゃない」と思ったら、途中でも潔く放棄することをおすすめします。日本語だと「もしかしたら最後まで読めば面白くなるかも」と読み進める方もいらっしゃると思いますが、苦労して読んだ英文で報われなかった場合のがっかり感は格別です。また英文の質も、難しい構文を多用した硬質なものから、「これは絶対にネイティブの英文じゃない」という破綻しかかったようなものまで様々です。どうしても内容的に気になるけれど難しい!という場合は、fanficに慣れるまで後回しにするのも手。あまりストイックにならない方がいいですよ~。

8、色々書きましたが
結局は「自分好みのfanficにたくさん出会うこと」が長続きの秘訣だと思います。最後まで辿りついた暁には「読んでよかった!」と思えるような作品とのお付き合いの仕方を目指してみて下さい。きっと次の作品へ向かうモチベーションが高まるはずです。



***

よく見るfanfic用語一覧

angst:シリアス 
fluff:ほのぼの 
tragedy:悲劇
Hurt/Comfort:作中でキャラが物理的・精神的傷を負い、他キャラによって癒される話。
AU:パラレル。公式と明らかに矛盾するアナザルート的な場合も。
OMC/OFC:オリキャラ男/女
WIP:執筆途中
General Audiences:全年齢。以降Teen And Up Audiences→Mature→Explicitの順で成人向けに。基準は曖昧。
PWP:プロットなんて関係ねえ!なエロ話。
OOC:out of characterの略。いわゆるキャラ崩壊。
character study:原作のキャラクター像を深めることを目的にした作品。OOCの逆。
Non-Con:同意のない性行為。
Dub-Con:同意が怪しい性行為。交換条件など。
BAMF!John:「ジョンさんかっけー」的な感じ。「~!キャラ名」で「~なキャラが登場します」という決まった表現。asexual!Sherlockで「アセクシャルなシャーロック」、「student!Sherlock」で「生徒のシャーロック」。
Omega verse:「発情期もの」とでも訳せばいいのでしょうか?人間にAlpha、Beta、Omegaという第2の性がある世界を扱った作品。細かい設定は作品ごとにまちまちですが、Omegaには発情期があり、Alphaとの情交で妊娠する、というのは概ね共通。Alpha=攻め、Omega=受けなので固定派の方にイチオシ。なおAlpha!Sherlock、Omega!Johnという風に属性を記します。
kudos:AO3の拍手機能。気に入った作品はぜひポチりましょう!


You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


@awaitingS4
Share this page


© 2021 Privatter All Rights Reserved.