:

雨宿り【髭切】

@ktbkch1tosh1
Publish to anyone
2016-11-12 00:47:21

うち本丸設定での一応刀さに(髭切編)2016年3月に友人に投げつけたメールより

雨宿り【髭切編】

 「これで全部かな?」
 髭切の問いに審神者は手にしたメモを確認する。
 「うん、大丈夫そうです」
 短刀の子達と一緒に眠ると言った審神者が、その日に体調を崩し、そのまま約束を反故にし続けている現状の、せめてものお詫びにおやつを作ろうかと思い立ち、材料を買いに出るところに出くわした髭切が、「それは面白そうだね」と言ってついて来たある日の午後。
 買い物を済ませて万屋を出ると、雨が降り出した。
 「あれ?雨なんて言ってたかな」
 「通り雨かな。ほら、向こうは晴れているよ」
 等と話している間に雨粒はみるみる大きく強くなる。
 「げ、げりら豪雨」
 「げりら豪雨?」
 付近の店の軒先に髭切に手を引かれ逃げ込み、いよいよ本格的に降り出した雨を見ながら呟いた審神者の言葉を、隣に立つ髭切が鸚鵡返しにする。
 「何か、こう、急激に天候が悪くなって、雨がわーっ、と降って……」
 その後に来るものを思い出してさぁっと血の気が引いた。
 「主?」
 (ゲリラ豪雨とか夕立って、夏じゃないの?夏じゃないの!?今春先だよ!?)
 と、彼女が己の考えを否定した矢先。
 ゴロゴロ、と遠くで低く轟く音が始まった。
 「―――っ」
 ひぅ、と思わず息を飲んだ審神者の様子に、髭切が異常を感じ取る。
 「主、どうかしたの……?」
 髭切が顔を覗き込もうとしたその瞬間、カッと稲光が閃いた。
 それほど近くではない。
 が、確かに辺りを瞬間白く染めた光に、髭切が振り返る。
 そして、どん、と響く音。
 「ありゃ、雷だよ」
 近くはないみたいだけど、と呟いて、視線を審神者に戻す。
 と、審神者は強張った表情でかたかたと微かに震えている。
 「もしかして……」
 「は、ぃ……?」
 「雷は苦手?」
 「い、ぃえ……そんなこと、は……」
 無理がある。
 本丸に長くいる面々には、既に知れ渡っている『審神者は大きい音と図体のでかい輩と声のでかい輩は苦手』という話を、本丸に来てまだ二ヶ月程の髭切膝丸の源氏兄弟刀は知らない。
 と言うのも、一部の、声が大きいとか身長の大きいとかの刀剣男士には、彼らが来る前にもう長い時間と多大な苦労を――主に相手側に――かけて、何とか慣れていたし、その他の大きな音が云々は、日常あまり起こることはないからだ。
 審神者があくまでも「雷なんか別に」と言っているのは、知らないなら隠したいとか、意地を張っているとかではなく、普通に、雷ごときでこんなに怯えるのもどうか、と、自分でも思っているからだ。
 が、思っていても、怖いものは怖かった。
 再びの雷鳴に、悲鳴も出せずに思わず手近なもの――髭切の上着の袖を掴んだ。
 普段から髭切は上着を羽織るだけで、袖を通さずに着ているので、掴んだそこは、端からぷらぷら揺れているだけで中身はない。いくら掴んでも髭切は痛くも痒くもないけれど。
 「主」
 すい、と袖から審神者の手を解いてその手を握る。
 「怖いものは、怖いと言っていいんだよ」
 「は、」
 返事をしかけた途端に、ごろごろ、どぉんっ、と雷が落ちる。
 「~~~~っ」
 「ありゃ」
 涙目で声も出ない審神者に、こんなときだというのに髭切はやわらかく微笑む。
 「ちょっとごめんね」
 握っていた手を離し、上着の紐を解くとそれを審神者の頭から被せた。
 「え、え?」
 そして、上着ごと審神者を抱き締めると、くるりと身を返す。
 審神者の背には、雨宿りをする店の壁。とはいえ、背が壁につくより先に審神者をホールドする髭切の腕がある。
 しかも視界は髭切の上着に遮られ、目の前の存外広い胸しか見えない。
 抱き締められているとはいえ、抱き返すのも何だか違うと、手持ち無沙汰に何となく、目の前のシャツを軽く掴むように手を置いた。
 抱き合うと言うよりは、抱き留められるに近いだろうか。
 「これなら、怖くないかな」
 正直、髭切には雷の何が怖いのかさっぱり分からなかった。
 分からないから、少しでも雨からも雷の音からも光からも遠ざけることしか出来ない。
 どうかな、と伺う髭切に、審神者は少ししてからぽつりと呟く。
 「髭切さんの、匂いがします」
 音も景色もふさがっている所為かな、と腕の中から先程より和らいだ声がするのを聞いて、髭切は、表情を緩めた。
 「君は、ずるいなあ」
 そして、抱き締める腕に力を込めて、頭があるであろう位置に頬を寄せる。
 「髭、切さん?」
 「もう少しだけ、雨が降っててほしくなっちゃう」
 「帰れないです、それじゃ!」

 僕の匂いがすると言うのなら、それが君に移るまで。こうしていられたらいいのに。


You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


@ktbkch1tosh1
ちぃ
Share this page


Theme change : 夜間モード
© 2020 Privatter All Rights Reserved.