:

広告表示切替

飾らないコトノハマシュマロ【#Twitter300字ss/オリジナル/魔法菓子職人】

@tencus
Publish to anyone
2017-03-04 22:39:18

お菓子食べ物×ファンタジーな世界観の魔法菓子職人シリーズ第8弾
S(すこし)F(ふしぎ)な食べ物やお菓子を味わいたい方向け
マシュマロが主役

#Twitter300字ss
お題:飾り
ジャンル:オリジナル/魔法力のある素材でお菓子を作る「魔法菓子」なるものが存在する、ゆる~い設定の現代ファンタジー。
(拙作「魔法菓子職人」http://privatter.net/p/1067471 「黄金ゼリィ」http://privatter.net/p/1319729 「春風スフレ」http://privatter.net/p/1444809 「朝焼けの発砲水」http://privatter.net/p/1644449 「声変わり飴」http://privatter.net/p/1722404 「月クッキーにはご用心」http://privatter.net/p/1857339 「困った氷琥珀」http://privatter.net/p/2156955 と同じ世界観)

::::::

「このシュガーポットの中に向かってメッセージをお願いします。言い終わったら蓋を必ず閉じて下さい。言葉が逃げてしまいますから。では、5分後に」
 言葉を閉じ込めた砂糖で作る、魔法のコトノハマシュマロ。食べれば頭の中で言葉が響くという。
 勇気を振り絞り滅多に来ない魔法菓子店に来たが、肝心のメッセージが浮かばない。
(こんな洒落た事……しかし……)
 毎年労いの言葉と共にバレンタインをくれる妻へ何か返したい。俺は意を決した。
「飾らない僕の言葉を送るよ。いつもありがとう。そして、世界で一番あ……」
 最後の言葉を言い切る前に、部屋のドアがノックされた。
(最後の言葉は自分で、か)
 蓋を閉めながら、心の中で俺は独りごちた。


You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


@tencus
服部匠@一次創作/お菓子屋さん小説と男女逆転系ラブコメ小説
Share this page

Theme change : 夜間モード
© 2020 Privatter All Rights Reserved.