*

この広告を停止

「青春アミーゴ」

Publish to anyone
2017-04-22 23:56:00

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』よりエンディングテーマ及び
第78回選抜高等学校野球大会入場行進曲
歌:修二と彰 作詞:zopp
作曲・編曲:Shusui(周水)、Jonas Engstrand、Ola Larsson
コーラスアレンジ:高橋哲也
『青春アミーゴ』

青き友情を照らす残光の哀歌
都会の闇に夢破れるジャズブルース。途方もない夢を追い掛け故郷を飛び出した二人で一つの最強コンビが、憧れの街で半身の負傷により果たせぬ約束を嘆き過去を回想する曲となっている
歌手の修二と彰はドラマ内にてそれぞれのキャラクターを演じた亀梨和也氏と山下智久氏二名による期間限定アイドルデュオ。因みにデモ段階での題名はイタリア・シチリア島に実在するタオルミーナを舞台とした「タオルミナの綺麗な空」だったと作詞者のzopp氏自身のブログ内で語られている

ジャニーズでは恒例のシチリア島ギャング曲シリーズ。歌詞から見るに恐らく重傷止まりなので、死別よりはまだ救いはある方の楽曲と言っていいのかもしれない
ギター・ストリングス・ブラス等による悲壮感の漂うラテン調の楽曲。短調進行の悲劇的な曲調と詞が印象的で、非常にシリアスなストーリーに対して中毒性の高さと歌いやすいキャッチーさを併せ持つ曲想が実に秀逸
「修二と彰」名義では最初で最後の曲になってしまったものの、12年の歳月を経た17年4月ドラマ主題歌にて「亀と山P」名義で再結成。ステージ上のダンスの振りが一般層でも大流行した「青春アミーゴ」に続き、エンディングでのダンスが特徴的な「背中越しのチャンス」は昨今のダンスブームの波を乗りこなすことが出来るのだろうか


You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


@nonamezako
無名雑魚
Share this page URL
https://privatter.net/p/2361643

© 2021 Privatter All Rights Reserved.