.

ads by microad

おれが着ぐるみ界隈を憎む理由

@nekomaru_palmi
【♂♂♂】ねこ丸
Publish to anyone 4452views
2018-06-05 19:49:44

まず最初に。
かつて地元から引っ越してまで一緒に過ごしたいと思った恋人がいた。
元々ちょっと空気の読めないやつだったんだがおれはそいつが好きで引っ越したんだ
当時そいつは中規模オフ会の主催者で
ケモナー達を集めてアウトドアなオフ会しようぜ的なノリだった。
おれが参加してから3-4年ほど、年2回催されてる割と歴史のあるオフ会で気の合う連中がいっぱい参加して楽しい恒例行事だったんよ。
毎回今回のオフはみんなが楽しめたのか、今後もより良くして行こうって話し合ってね。
んで、主催がある日着ぐるみに興味を持ち始めた。
3年目ぐらいだろうか、主催のおれの恋人が着ぐるみを買ったんだが、いきなり着ぐるみ界隈ののメンツを大量に参加させてきた。
初めこそみんなでバーベキューやったり楽しんだりしてたんだが、着ぐるみやってる人やってない人入り交じる中で堂々と着ぐるみを出す彼ら。
自分が人気者である前提の振る舞いを興味のない人の前でもやりだした。
次第に怪しい雰囲気になってきて、大の字に寝転ぶ着ぐるみの股間を撫で回すやつ、それを止めもしない周りの雰囲気や主催。
中には健全に着ぐるみを楽しんでる人がいて、その場から離れて怒りの感情を露わにしてた。
何人か抜けて話してても、着ぐるみがちょこちょこ顔を出しにくる。
場を荒立てるのは野暮だからおれらは我慢したんだが、最後に毎回恒例の「今回のオフは楽しかったのか」をしたとき主催が「今回のオフはみんな楽しんでた、当たりだった」
は???って思った。
まてまて、主催のお前は変なやつだけど今までそこだけは一応見れてただろ、何言ってんの。

それからあいつは人が変わり、着ぐるみは権力だの言い出すようになり
毎回着ぐるみがオフに来るようになった。
そして人のことをもっと顧みれなくなり、主催の名義で物件を借りてたおれは手数料だなんだと金を引っ張られ、収入を超える金を請求し始めてきて耐えきれなくなりおれは逃げた。

主催が着ぐるみ欲しいと言い出したとき、おれは着ぐるみ制作に着工していた。
頭は出来ていたが、壊して捨てた。

続いてだが、おれには5年以上、多分もっと長い付き合いのお互いが死ぬまで兄弟だと言い張ってた親友がいた。
あいつはバイクが好きだった、おれと遊ぶために高速すっ飛ばして大阪まで来てくれたり、遊びに行く約束をしたり。
バイクのケツに乗って大阪中走り回ったり、思い出もたくさん作った。
色々あって会う機会が減ってたんだけど、イベント会場では毎回一緒に昼ごはん食べに行ったり、今度時間できたら何しようか、なんて語り合ってた。
そいつが突然着ぐるみを買うことになった。
と同時に、少し疎遠になった。
共通の友達から聞くに、「あいつは少しおかしくなった」とのこと。
愛知の事件以降、着ぐるみの事に敏感になってたおれはふんわり着ぐるみをディスるように。
すると、そいつから連絡が来た。
「君の着ぐるみへの憎悪にはヘドが出る、これで関係を絶つ。さよなら。」
おれはそいつの事が嫌いだったわけじゃないが、ノンケだと言い張ってて男とそういうことするなんてありえないと宣ってたそいつが着ぐるみを手に入れてから着ぐるみセックスに男同士で勤しんでるのは知ってた。
曰く、フェチであって肉体関係ではないらしい。
一生の仲を誓った相手が着ぐるみ程度、趣味一つの差異で簡単に捨てるのかと思った。
そいつの根回しか知らないが、愛知から続いてた健全な着ぐるみの友達がいたが全員相互関係じゃなくなっていた。
おれは着ぐるみの世界が嫌いになった。

他にもちょこちょこあるし、おれがシャウトを続けるうちに
同じように友達だと思ってた人に一方的に切られた人がいっぱいいることを知った。
きっかけは、全てあの世界に入って人が変わったこと。

以上を踏まえて、おれが世界ごと否定する唯一の存在が着ぐるみ界隈になった。

おわり


ads by microad

You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


【♂♂♂】ねこ丸
@nekomaru_palmi
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2019 Privatter All Rights Reserved.