.

ads by microad

SS『名なしの墓標』(※BL風味)

わくわく高カロリー工場(帽子屋)
Publish to anyone
2018-06-16 19:37:15

『伊丹 - にせものへのトロイメライ』伊丹京介(35)/ユーザさんを喪った話/死ネタ/伺かゴーストWebアンソロジー企画『うかはか』参加作品再録

あの男が死んだと聞いた。

それを聞いたのはあの男と何度か行ったバーのマスターからで、
なんでも交通事故だったそうだ。
呆気ない死に様だ、と思った。
こんな路地裏のビルの、男の部屋に通いつめるような
変わった男の死に様としては、
あまりにもありふれた死に方だ。

書き物机の椅子に座って、俺は煙草に火をつけた。
目を閉じて、煙とともに深い息を吐き出す。
思い出すのは、あの男の事だ。
顔、声、仕草、交わした話。
自分にしてはずいぶんと長い間、
同じ人間と付き合い続けていたような気がする。
出会った頃の事はもう、ところどころ、雨の雫と一緒に流れ落ちてしまっていた。

見慣れたはずの顔の記憶は、
滲んだようにぼやけてしまっている。
あいつの写真でも撮っておけばよかったか、と、
一瞬だけ考えて、何を馬鹿な、とそれを否定する。

……しかし、もしそれを願ったとしたら、あいつはどんな顔をしただろう?
驚くだろうか、笑っただろうか。
それを確かめる術はもう、永遠に失われてしまったけれど。

雨は、まだ降り続いている。
巡る墓がひとつ増えたか、と自嘲して、ある事に気付いてしまった。

―― おれは、あいつの名前を知らない。


ads by microad


Profile
わくわく高カロリー工場(帽子屋) @mad_hatter_we
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2019 Privatter All Rights Reserved.