海の向こう側〜恋の栞 Part.5〜

Publish to anyone 3874
2018-08-16 23:36:08

非日常の空間で、あなたと過ごす安らぎの時間。
武者司書ラブストーリー、第5話。

Posted by @natsu_luv

暦の上での立秋は過ぎたけれど、残暑はまだまだ続く。
太陽がご機嫌な様子で、燦々と陽の光を大地に放っている。
暑い気候が続く中、私は相変わらず報告書を仕上げていた。
報告書を全て完成させたタイミングで、呼び鈴が鳴った。
入るように申し伝えると、帝國図書館の館長が顔を見せた。

「桐島くん、久しぶりだな。仕事は順調に進んでいるか?」
「はい、つつがなく行えております」
「今日は桐島くんに渡したいものがあって、この図書館に来たんだ」
「私に渡したいものですか……?」

館長が鞄から茶色い封筒を出し、そのまま私に手渡した。
開けてみると、特急電車の切符と貸し別荘のチケットが入っていた。
さらに、館長とネコさん、アカくんとアオくんからの手紙まで添えられていた。
この手紙一式は夏の慰安旅行の招待状のようだ。

「日頃の感謝を込めて、俺たちからのプレゼントだ。楽しんできてくれ」
「はい、ありがとうございます」
「好きな文豪も一緒に連れて行くといい」
「かしこまりました。館長、あなたもたまには羽を伸ばしてくださいね」
「あぁ、わかった。桐島くん、身体には気をつけるんだぞ」

そう言って、館長は司書室を後にした。
私は図書館に文豪たちを招集し、慰安旅行の概要について話した。
文豪はひとりまでしか連れて行けないこと、私が二日間図書館を離れることなどを説明した。
ひと通り話を聞いた文豪たちは嫌な顔をせず、慰安旅行のことを承諾してくれた。

「せっかくの機会だし、武者さんと行ってきなよ。大丈夫、僕らだけでも図書館の業務は出来るから」
「お土産もよろしく頼むぜ」
「たまには羽を伸ばすのもいいと思う」
「重治さん、みんなもありがとう。じゃあ、お言葉に甘えて」
「行ってきます!」

こうして、慰安旅行へのカウントダウンが始まった。
旅行先に広いビーチがあるようなので、水着を買いに行かないといけない。
次の休館日に司書仲間と出掛ける約束をしているので、その時に見に行こうと思った。
他にも色々と準備が必要だ。
特務司書の仕事と併せて、旅行の準備にも追われる日々が続いた。



二週間後、慰安旅行当日がやって来た。
特急電車に揺られ、たどり着いたのは美しく広いプライベートビーチが自慢のリゾート地。
シーサイドレストランや出店もあるらしい。
今回の宿である貸し別荘は、清廉な白い壁が印象的なコテージである。
内装は高級リゾートホテルのツインルームのようで、テラスからビーチを一望できる。
私達の目の前に碧の世界が広がっていた。

「綺麗……。水も透き通っているわ」
「こんなに綺麗だと、泳ぎたくなっちゃいますね!」
「武者くん、笑わないで聞いてちょうだいね。私……泳げないの……
「そうだったんですか⁉︎ 大丈夫ですよ。浅瀬でも充分遊べますから!」

紅水晶のような瞳を輝かせながら、武者くんはそう言った。
早速、私達は海で遊ぶことにした。
このプライベートビーチは更衣室とシャワールーム完備なだけでなく、遊具まで貸し出してくれるそうだ。
武者くんとビーチパラソルの近くで待ち合わせの約束をして、私は更衣室へ向かった。
司書仲間が私に似合うと勧めてくれた水着、武者くんが見たらどんな感想を言うのだろうか。
楽しみにしながら、新しい水着を身にまとった。
白を基調としたセパレートタイプの水着にすみれ色のパレオが、何処か上品な雰囲気を醸し出している。
ハイビスカスの花飾りを付けて、私は海へと繰り出した。

ビーチへ出てみると、白い砂浜と海の碧が視界に広がっていた。
温かな太陽の光が水面に反射して、海がきらきらと輝いている。
都会の喧騒から離れたこの場所は、非日常の世界へとトリップした気分にさせる。
ビーチパラソルの近くで武者くんが手を振っていた。
手にしている水鉄砲は借りてきたものだろう。
いつもと違う私の姿を見た武者くんは、弾んだ声で話しかけてきた。

「司書さん、お美しいですね!」
「ありがとう。武者くんもよく似合ってるわよ」
「ありがとうございます。それでは、早速海へ行きましょう!」

白いTシャツと赤の水着を着た武者くんに手を引かれ、私は浅瀬まで行った。
海の水は冷たくて、水底が見える程に透き通っている。
辺りを見渡してみる。
彼方まで続く地平線が世界の広さを感じさせる。
私達のいる世界はほんの一部であることを思い知らされてしまう。
ぼんやりと考えごとをしていたら、冷たい水が身体にかかった。

「きゃあ、武者くん⁉︎」
「司書さん、今は遊ぶ時間ですよ!」
「あなたの言うとおりね。ふふっ、お返しよ」

武者くんの水鉄砲の一撃が、物思いにふけっていた私の頭を切り替えてくれた。
童心に帰った私も武者くんに水飛沫をお見舞いしてみせた。

「うわぁ! あっ、司書さんの分はこちらですよ」
「ありがとう。じゃあ、武者くんを狙い撃ちしちゃおうかしら」
「僕も負けませんよ」

武者くんから水鉄砲を受け取り、ふたりで撃ち合いをした。
まるで、小学生の頃に戻った気分だ。
海の水と戯れる武者くんも少年のようで可愛らしい。
ただ水鉄砲で撃ち合いをしているだけなのに、武者くんと同じ時を過ごしているから楽しく思える。
浅瀬でたっぷり遊んだ後、私達は海の家でフルーツアラモードかき氷を食べることにした。
このかき氷は海の家名物だと言われているらしい。
店主さんが色とりどりの果物で飾られたブルーハワイのかき氷を運んできた。

「お客様方、是非ともご堪能ください」
「まぁ、綺麗」
「美味しそうですね!」
「溶けないうちにどうぞ」

早速、かき氷を口にしてみた。
氷は雪のようにふんわりとした口溶けで、周りの果物も瑞々しくて甘い。
気付けば、かき氷があっという間に無くなっていた。
店主さんが夜に花火大会があることを教えてくれた。
シーサイドレストランから見える花火が絶景だという。
夜が楽しみになってきた。
私達はお礼を言って、海の家を後にした。



ビーチを存分に堪能した私達は、コテージで休憩した後に出店でお土産探しをすることにした。
この地ならではの品がずらりとディスプレイに並んでいる。
私達は試食をしながら、図書館のみんなに渡すお土産を選んだ。
どれも魅力的だったけれど、特に目を引いたのが「藻塩チップス」という名前の野菜チップスとヒトデ型のフルーツゼリーだった。
このふたつを人数分まとめ買いをして、その後にシーサイドレストランへ向かった。

「これだけあれば、お土産も足りるでしょうね」
「そうですね。ここが海の家の方が言ってたレストランですか」
「ええ。ここのレストラン、すごく評判が良いみたいよ」
「それは楽しみですね!」

呼び鈴を鳴らすと、店員さんが温かな笑顔で迎えてくれた。
レストランの中は大盛況、ほとんどの客が花火と料理を目当てに来ているようだ。
しばらくすると、次々と料理が運ばれてきた。
まずは、プロシュートのサラダと明太子のアヒージョのお出ましだ。
それから、ラタトゥイユのパスタとフレッシュバジルのマルゲリータが姿を現した。
どれも美味しい料理だけど、特に明太子のアヒージョが印象的だった。
明太子の旨味がオリーブオイルと上手く溶け合っていて美味しい。
私達は顔を綻ばせながら、料理を堪能していた。

「美味しい料理を見ると、自分でも作ってみたくなるわね」
「司書さんの料理、また楽しみにしてますね」
「志賀くんにも手伝ってもらおうかしら」
「そうしましょう。きっと力になってくれますよ!」

色々と話し込んでいると、メインディッシュが運ばれてきた。
真鯛のアクアパッツァとチキンのカチャトーラの登場だ。
武者くんが出てきた料理に目を輝かせている。
アクアパッツァは脂ののった真鯛と野菜が美味しくて、チキンのカチャトーラはトマトとチキンの旨味が口の中に広がる。
ひと通り食べ終えると、ピスタチオのセミフレッドがやって来た。
薄緑のセミフレッドの周りをフルーツが彩っている。
紅茶と一緒に味わった後、私達は花火が打ち上がるのを待つことにした。

「皆様、お待たせいたしました。さぁ、夜空に大輪の花が咲きますよ!」

リゾートの経営者である女性が観客全員に呼びかけた。
その時、輝かしい花々が夜空のキャンバスに咲いた。
咲き乱れる空の花は、次々と観客を虜にしていく。
海の近くで花火がどんどん打ち上がっていく。
静けさ漂う夜の海が、花火の色に染められていく。
この美しい光景を武者くんと一緒に見られて良かった。
図書館という日常から離れて過ごす時間も良いものだ。

「うわぁ、凄いですね!」
「綺麗だわ……
「司書さん、あなたと一緒に見られて嬉しいです」
「私も嬉しいわ。来て良かったわね」

武者くんの方へと身体を近付け、花火に彩られた空を見上げる。
こうした非日常の空間を愛しい人と過ごせる私は、どれほど幸せ者なのだろう。
そんなことを考えていると、武者くんが花のような笑みを浮かべて語りかけてきた。

「司書さんを独り占めできて僕は幸せ者です」
「武者くん、ありがとう。私も幸せよ」

私の心にも大輪の花が咲いた。
愛しさがこみ上げてきて、私はそっと武者くんに寄りかかった。
やがて、静寂の時間が訪れる。
その時まで、私達はずっと花々が描かれていく夜空のキャンバスを眺めていた。


Press the Nice button to this post.


© 2022 Privatter All Rights Reserved.