ads by microad

「ダリヤさん」系ツイートまとめ

Publish to anyone 143views
2014-08-27 02:51:44

ツイッターで書き散らかした日常系ナルル関連ツイートのまとめです。 ツイッターでは140字しか投稿できないので、 いろいろ省略していますが、まとめるにあたって加筆修正してます。



登場人物とかはだいたいこちら(http://privatter.net/p/392670)にて。
--------------------------------
クリステアくわえたのらいむを裸足で追いかけるダリヤさん…いやいや、危なすぎるか。王配と王太女婿の寿命がストレスでマッハだな…

ダーリヤさん、ダーリヤさん♪ダリヤさーんは、ゆ・か・い・だ・なァ~♪

--------------------------------

(血のつながりがあったとはいえ、一般人から即位したという設定のうちの初代王さま) ダリヤ「あ、そういえばさっき王宮執事から即位の申入れがあったんだけど、OKしてきたから」
サッシャ 「はぁ!?」
ダリヤ「王宮執事もいるし、アナタもいるし、子どもたちもいるし、国民の皆さんがいるわけだし、なんとかなるよ!」
サッシャ 「(絶対俺がなんとか"する"ことになるだろーッ!!…と怒りたいが我慢だ、我慢)あ、ああ、頑張っていこう、な…」

…通常、王太女はティルグ員になれないはずなのに、
うちの初代王太女は元騎兵だったようなので、
冒頭の事情があったのではないか、と思いました。
そして、お気楽さんと忍耐強い人の会話のやりとりは
こんな感じなのではないかな、と…w
--------------------------------
サッシャ(王配)
「おい、新年祝賀のスピーチの台本はできたのか?もう仕事納めも終わったぞー?」
ダリヤ(女王)
「できてないけど、へーきよ~♪だって、まだ30日があるじゃない、楽勝楽勝♪」

(そして30日の夜)

ダリヤ「はっ!しまった!」
サッシャ「・・・(ダメだ、怒るな、我慢だ、我慢)」
--------------------------------
(国民的アニメ・ドラ○もんっぽい感じで、バグウェもん)

ダリヤ「バグウェも~ん!サッシャ(王配)が口うるさいのー!新年祝賀の挨拶をちゃんと考えておけ、とか。まだ1日あるのに、よー」
バグ「いや、サッシャのりくつがただしい」

…この1つ↑の前にバグウェルさんのところに行って、愚痴ってたかもしれない。
で、バグさんにもやんわりと怒られるんだけど、
結局考えていなくて…と。
--------------------------------
初期評議員。
女王(お気楽さん)、王配兼クリート長(忍耐強い)、
ローク長(むじゃき)、シーラ長(無頼)、
ティルグ代表(飾らない)、騎士亭マスター(まさに優等生)。

…こう、まとまりのない大人たちをクリート長と騎士亭マスターがなんとかまとめて頑張っている感がひしひしと…w
---------------------------------
執事「それでは次の議題ですが…」
シーラ「ズバリ、次の最強騎士は誰か、だな!オレとしては、女王ではなく、大穴に優勝してもらいたいところなんだが」
女王「試合では手は抜きませんよー」
王配「評議会でも手を抜くなよ…」
ローク「陛下のサンダーバード、今年も見たいですー!」
ティルグ「今年こそ、ティルグ員が陛下を倒してみせますよ」
酒場「では、お喋りはそこまでにして次の議題に行きましょうね。次は、連絡船の修理についてでしたね…スラスラ」

王配・執事「(助かる…)」

---------------------------------
(酒場で評議会のための会議が行われていそう、
というフォロワーさんのツイートを受けて)

酔いどれ騎士亭にて 夕1刻頃
王配「まだ準備中だろうか?」
酒場「いらっしゃい、サッシャ殿下(※王配のこと)。大丈夫ですよ、そろそろいらっしゃる頃だと思っていましたから。」

トン、と小さく音を立てて、キノコの塩焼きとデヴォン酒を差し出す。

王配「ありがとう。…早速だが、今年の評議会のメンツ…
まあ、悪いというわけではないのだが、
やたらと時間が長引くことが予想されるわけで…」
酒場「ああ…、ははは…」

リズ(おしゃべり・王太女)「あ、もう開いているのね」
グロリアーナ(せっかち・第三子妻)「いつもこれくらい早いとありがたいわね」
ジャクリーヌ(無頼の人・第二子妻)「マスター、ココモ・ワイン!」
グローリア(遊び好き・第四子妻)「あら、今日は極上パッツァもあるのね!」

酒場「ああ、はい、すぐ用意しますね」

リズ「あら!お父様!」
グロリアーナ「今日の一番乗りは殿下でしたか」
ジャクリーヌ「殿下のことだから、仕事を早めに切り上げて訓練にいったのかと思っていたけれど…、やっぱり親しみやすいところもあったのね」
グローリア「今日は一緒に飲んで、日々の疲れをパァーッと癒やしましょうね!」
リズ「そうだ、お父さま聞いて!先日クラウンハイムに――」
ジャクリーヌ「え!その話、しちゃうの!?」
グロリアーナ「ちょっと、マスター、まだかかりそうなのー?」
グローリア「ああ、そうだ、皆さんおそろいだし、テーブルでできるゲームをしましょうよ。この前移住してきたあの方に聞いた遊びなんですけど――」

王配「はあ…かしましい…」

…こんな感じで会議は邪魔されてそうだな、と思いました。
あと、クラウンハイム住まいの初期女性クリート員は、なんとなく仲が良さそう。
そして、かしましそう。
---------------------------------
(TL上で目にしたツイートから初期国民のエルグの所属年数などがぐちゃぐちゃな理由を考えてみた)
※小話風にはまとめてません

うちの子というかうちの国。
初期女王の性格がお気楽さん…プルト的にいうとぐうたらであることと、一般国民からクリート入りしたり、連絡船やら古城の修繕、移住者多数などでバタバタしていたのもあり、初期国民の職歴等を記録する機関がうまく機能していなかった的な感じ。

あるいは、記録制度を新設したとか?
もう成人してしばらく経つ国民にも「とりあえず形だけでも記録していってね~」的な、女王のゆるーい通達があって、きちんと遡って正確に登録した人もいれば、家族や知人の分を間違えて登録してしまったり、うっかり計算ミスしたり。

誤登録があっても、仕事実績と違って給与に影響するわけでもない(『ベテラン』と呼ばれるかには影響するけれど、お金が絡むわけでもないし)からいいか~(っていうか、登録やり直すの、アタシ、面倒くさい!)みたいな…ああ、好き勝手いってスミマセン、ダリヤさん。

新成人からはしっかり記録できる…、子どもたち、いや、孫たちの代から変わるんだ…!そんな希望を抱いて、忍耐強い王配は口出しするのをぐっとこらえた…



…ツイート時、私が目にした限りでは初代王さまが怠け者系の方が
少なくとも自分の他に2人(2国)いらっしゃって、親近感がわきましたw
---------------------------------
リズ(王太女・母が崩御し王位を継ぐ)
「(新年祝賀、定式の挨拶終了後)さて、うちのいむちゃんなんですけど、最近体重が増えちゃったみたいで~ペラペラ、今度孫が~ペラペラ」

国民(始まってしまったァ!!勝手に帰るわけにはいかないし、どうしよう…)

オムル(その夫)「陛下、もうその辺に…」

国民(オムル殿下!!もっと強く言ってくださいよー!!)

ザウル(その子)「はいはい、解散解散!」

リズ「えー、話し足りないー!ぶーぶー」

国民(殿下!!さすが!)


…ザウルが”みんなのアイドル”な理由。(どちらかと言えば救世主か?)
---------------------------------
リズ「今日4日はティルグ振興について決めます!」
王宮執事「それでは騎将から――」
リズ「ティルグはいいですよー!団体戦で垣間見える、各騎兵隊や騎士団の団結力!最強騎士決定戦も燃えますね!今年は誰が最強の座につくのでしょうか!?私も決勝戦を楽しみにしているんですよ!!同時開催の剣士決定戦は若者だけでなく、一線を退いた人たちにとっても腕試しの場になっていましてね!あー、もうできればそちらも観戦したいんですよ!この身が2つあったら、いや、各ティルグの闘技場を見るためには4つ必要ですよね!それで――」
王宮執事「騎将、いいから早く!」

…リズ様は夫だけでなく自身も元騎兵。
義理の娘と息子も現役ティルグ員からクリート入り。
よほどのティルグフリークだと思いました。ついでにおしゃべり。
この場にはザウルもいますが、彼もティルグ大好きそうなので止めないでしょう。
---------------------------------
エドモンド王子(初期王太女の第1子ザウルの子・せっかち)の
第2子の名前が「エックベルト」だった件。

エドモンド「よし、この子の名前は『エックベルト』にしよう」
ナイケ(エドモンドの妻)「『エックベルト』?それって…」
エドモンド「ああ、昔、世話になった人の名前なんだ。今はここにいないけど…。
よし、エックベルト、お前もあの人のように立派な人間になるんだぞ」

エック(老)「(なんかすっかり死んだ風に語られてるけど)まだ死んでないからな!」

エックベルト(老・旧姓ナティリ)は、
エドモンド王子の父・ザウルが王位に就いてから
エックベルト(老)の娘が結婚して独立し、
クラウンハイムが満員になるまで王族長を務めた人物。
エドモンド王子の父の従妹の婿なので血縁は遠いが、
きっと世話になったことだろう。


ads by microad

You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


さりゆ
@slry_p
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2018 Privatter All Rights Reserved.