.

ads by microad

2018年11月16日 京都遠征の記憶 まとめ編

@segmenterin
みえろ🌟🌟🌟
Publish to anyone 12views
2018-11-19 00:04:18

自分用遠征の記録。まとめ編。個々の刀についてはまた後日

2018年11月16日 京都遠征の記録 まとめ編

 京のかたな展。空前絶後の刀剣展覧会。このお祭りになんとしても参加せねばと、数ヶ月前からそわそわしておりました。前期後期1回ずつは行きたい、でも国立博物館の特別展っていつも待ち時間が大変なことになってて怖い……いやこの際それぞれの刀をひと目見るだけでもいいから行きたい。などと思いを巡らせているうちに予定を立てられないまま会期が始まってしまいまして、結局1回目は3連休の最後の日に行ってきました。入場待ち時間80分、中に入っても最前列で見るための長い列が。次は絶対に平日に行こうと心に決め、就職して以来初めて夏季休暇以外での休み希望を出しました。

 実はこの遠征の1週間ほど前、人生で初めて単眼鏡を買いました。初心者は4倍からが良いとのことで、ツイッターでも時おり見かけるVixenさんの4倍のものを選びました。使い方の練習も兼ね、地元の美術館で展示中の吉光の剣と長光の太刀を見に行くなどして遠征までの日を過ごしました。
 当日は朝4時30分に起きて早朝の電車で京都へ出発。2回目までに図録を読み込もうと思っていたのですが時間がなく、仕方なく電車の中で読みました。全てを読み切るのはもちろん無理だけど大まかな流れだけでも頭に入れられたと思います。京都についたら図録はロッカーに預けて行動開始。まずは「刀が見やすい」「勉強になる」とツイッターでも評判の本能寺刀剣展に行きました。

本能寺刀剣展の記録
 京都駅から地下鉄烏丸線(国際会館行)に乗って烏丸御池へ。東西線(六地蔵行)に乗り換えて京都市役所駅で降りるとすぐそこにある本能寺。刀剣展は大賓殿宝物館という建物内でやっています。入館料は一般700円。
 3階は刀について学ぶ展示で、撮影も可。日本刀の作り方、刀の実物大模型(手に取れる。金属製なので結構重い)、刀剣用語を解説したパネルなどがあります。このパネル、鎬造、庵棟や、匂・沸といった刀の本でよく見る用語、切っ先や茎の形の分類などについて、 三日月宗近、五虎退、明石国行を例に挙げながら説明してあり、初心者にはとてもありがたい内容でした。(私はここで、長谷部の解説でいわれる「重ね薄い」とはどういうことなのかを分かった気になっていたのですが、実際に京博で長谷部を切っ先側から見ても??だったのでまだまだ修行が足りないようです……)。
 2階は刀の展示で撮影は不可。刀は織田信長、森蘭丸ゆかりの刀と、長光等の古刀がいくつかと、現代の刀。刀以外にも甲冑や茶道具なども展示されていました。聞いていた通り刀剣展示のライティングがとても見やすかったです。物によっては、どこに立って目線をどの高さにすればよいかの表示もあります。ただ、刀までの距離が長い(ガラスから刀までが遠い)ので、詳細に見たい場合は倍率の高い単眼鏡が必要かも知れません。4倍では物足りない感じがしました。
 展示室内、小さいテレビでひっそりと、河内刀匠のドキュメンタリーが上映されていました。内容は、宮入刀匠に学び、一旦独立した後にもう一度隅谷氏弟子入りして学んだ河内刀匠と、彼のお弟子さんたちの話です。作刀方法の解説もあり全部見ると結構長いです。お弟子さんの中には独立して刀鍛冶として生計を立てている人もいれば、他の仕事をして刀作りから遠ざかっている人もいるそうです。最後の弟子として、高校卒業後に河内刀匠に弟子入りした金田氏が紹介されていました。「若者と刀剣のつながりはどんどん薄れている」という最後のナレーションが印象的で、製作を見ると2014年。個人的には、このドキュメンタリーを見てから刀の展示見るのが良いように思いました。展示の後半に、河内刀匠の刀、そのお弟子さんの刀、と順に並んでいて、最後に展示されている刀がドキュメンタリーで最後の弟子として紹介されていた金田氏の作品なんです。これを見たとき言葉にならない感動がありました。この刀、展示のキャプションが製作者本人のコメントなんですが、普通の刀の展覧会ではあまり見ないものなので新鮮でした。
 本能寺刀剣展にはだいたい2時間くらい滞在しました。

京のかたな展の記録
 京博にはお昼過ぎに到着しました。昼食とグッズ購入を先に済ませ、音声ガイドを借り、ロッカーに荷物を預けてできるかぎり身軽になっていざ展示へ。
 入館も音声ガイドも待ち時間無しだったにもかかわらず、3階についてすぐに人の多さにちょっと引きました。前回来たときは3連休最終日で入館80分待ちだったのですが、中の混雑は今回のほうが上だったのではとすら思います。一番最初の絵巻の部屋にまで三日月待機列が伸びていて、仕方がないので三日月は後回しにし、1階へ直行して長谷部の部屋へ向かいました。長谷部最前列もそこそこありましたがこちらは回転が速く、だいたい10分くらいで見られました。
 その後は3階に戻って三日月以外を展示順に鑑賞しました。列に並んでいるあいだは、ひたすら音声ガイドを書き起こしていました。以下、印象に残った展示など。

12 石切丸
 前回にはなかった石切丸列が形成されていた。待ち時間は30分ほど。前々から思っていたけど石切丸ってずいぶん華奢だと思う。ミュでぱっぱが持ってる本体のほうがだいぶゴツいように見える
35 国宝 太刀 則国
 パッと見てめちゃくちゃ美しいなと思った太刀。古さを感じないというか、三日月を見たときに感じたような、「長い年月を経てきました」「使われてきました」感が全然なく、作られた鎌倉時代からそのままタイムスリップしてきたような印象を受ける。複数回の磨上げを経ても完璧なプロポーションを保っているらしい。なにそれすごい。
63 鳥養国俊
 前回来た時に来派が好きになったのだけど中でも鳥養国俊が好きだった。刃文が良い。しかしこういう刃文を何と呼び表すのかが分からない涙。徳川美術館さん所蔵だから機会があればまた見たい。
71 国宝 太刀 銘 来国光
 ずいぶんとゴツイ太刀。すごく太い樋が彫られいるのだけどそれでも1kg弱あるそう。末兼先生が1kgある刀は相当重い部類と言ってたけどなるほどこれは重そう。
7374あたり
 来派のやたら幅広の短刀たち。粟田口の短刀と比較すると同じ短刀という区分で良いの?と思うくらいゴツイ。

VII章の部屋は刃文が面白いものが多かった。
153 大のたれという、ゆったりと波打つような刃文。刃文といえば真っ直ぐか、細かく乱れるかが多く、こういう形状はあまり見ないなと思った。好き。
160 全長121cmの太刀。とにかくでかい。重さは2.4kgくらい。濤瀾刃という刃文と彫り物が非常に格好いい、彫り物は写真でも見れるけど、刃文はやっぱり実物を見ないと全然分からない。
161 足長丁子という刃文。丁子の達人といわれた刀工の作らしい。華やかな刃文は大好き。
162 匂いがちの丁子、らしい。2回目来るに当たり、せっかく単眼鏡を買ったのだから沸と匂について意識して見ようと思っていたけど全然わからず(きらきらして綺麗だな、くらいしか分からない)、なるほどこれが匂なのか、と思いながらこの刀の刃文を見ていた。黒い背景に白い煙が上がるのを見ているような感じかな?



 20時の閉館までいたのですが、そのあいだ三日月列、長谷部列がなくなることはなかったです。本作長義の前にもそれなりに人がいて、独り占めして見るというのは難しいようでした。三日月が普段とは反対側の展示(打ちのけが少な目な側)になっていることのアナウンスがないので、みな打ちのけを探して立ち止まってしまうから三日月列が長くなるのでは、という呟きがあり、確かにそうかもしれないと思いました。長谷部は裏側も飛び焼が分かりやすく、加えて長谷部部屋は担当スタッフさんがかなり急かしていた(立ち止まらないよう頻繁に声かけをしていた)ので人の回転が早かったように思います。閉館間際、人が少なくなってきてからもその回転の速さは変わらず、でもみなじっくり見たいから残っているわけなので、一度見終わった人がすぐさままた列に並ぶということが起こって、長谷部の展示室をぐるぐるする流れができていました。ぐるぐる長谷部でした。わたしも何度もぐるぐるしてきました。

 来年の福博の展覧会のパンフレット3種を無事ゲットしたところで20時になってしまったので、残念ながらアンケートは書けずに退館しました。6時間以上いたことになるけれど、まだ全然足りなかったですね。時間も体力も足りない。京博が近くにあったら毎日でも行きたかったくらい。兄者も見たかったし、末兼先生の講演も聞きたかったし、貸し切りツアーも行きたかった。でも、前期後期1回ずつ行けて、三日月と長谷部の裏表両方見られて、本作長義も見られて、欲しかったグッズもちゃんと買えて満足度評定は優です。ありがとうございました。



おまけ

 京博120年の歴史の中で初めての刀剣の祭典に参加できたことももちろん、当初の予想(目標?)入館者数が3万人だった展覧会で、20万人を突破した日に居合わせることができたことが嬉しかった。とうらぶサービス開始以降刀剣界隈には様々な出来事があって、とうらぶの力を感じつつも、刀剣ファンは審神者だけじゃないんだぞと釘を刺されながら、自戒もしながら来たけれど、でも、この展覧会のこの人数はとうらぶがあったからこそ達成できたということはきっと誰にも否定できない。大げさかもしれないけど、自分は歴史が動く瞬間に立ち会っているのかと思うと感無量。とうらぶを好きで良かった。まさにありがとうけんらんぶ!!

おわり


2018.11.18 みえろ


ads by microad

You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


Send Message

みえろ🌟🌟🌟
@segmenterin
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2019 Privatter All Rights Reserved.