ads by microad

きたあかり

かまこやもり(雲形ひじき)@1/19文フリ京都
Publish to anyone
2018-11-27 21:04:08

12月1日
Twitter300字SS
第四十九回・お題「灯す」
ジャンル:オリジナル

 私は、父のような母様と母のような父様の間に生まれた。

 母様に似た外見と赤い瞳を持ち、栗や薩摩芋に例えられる甘い香りとなめらかな食感、栄養豊富な体が民衆にほくほくと受け入れられた。食べられもしない青い実を付けて好色だと笑われたこともある。

 紅丸おじさんの畑で恐ろしい病が見つかったのは、半世紀近く昔のことだ。

 葉が縮み、やがて枯れ、収穫できなくなってしまう。

 王国は根絶の困難さから、この病虫に負けぬ種族を生み出すことに決めた。

 旧東独逸から抵抗力を持つ血が急遽招かれ、当時の男爵とつがわされた。

「この地にどうか希望を」

 男装を解いた母様は異人の腕の中で祈ったという。

「北の王国に灯る、強きあかりとなりますように」


ads by microad

You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


Profile
かまこやもり(雲形ひじき)@1/19文フリ京都 @kmkymr
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2019 Privatter All Rights Reserved.