:

広告表示切替

【LETTER(ネタバレ注意)】ホワイトデーおまけ

@yudukikiri
Publish to anyone
2019-03-14 21:15:09

先にホワイトデーを見てからの方がより楽しめます。LETTERのTRUE END後の設定(アフターストーリーの後くらい)で作成していますので、各種ネタバレにご注意ください。

なくても読めるから潔くホワイトデー本編からカットしたんだけど、お蔵入りするにはもったいないと思ったので放出することに。

 ★Q.「何故、トールシフォンケーキを食べたらそろそろ夕方になったのか?」 A.「どこかのお馬鹿がやらかしたからです」



 トールシフォンケーキを皆で食べることになったので、海野さんがお皿とフォークなどを取りにキッチンへ行ったとき、僕の携帯が震えた。
「ん? 愁?」
 確認してみると、メッセンジャーアプリの通知に愁の名前が。スルーしてやろうと思っていたら沙織ちゃんの携帯が着信を告げた。
「あれ? 悠里ちゃん? ごめん。電話に出るね」
「気にしなくていいよ」
 同じタイミングで? どうしたんだろう?
「どうしたの? え? えーっ!? わかった。直樹くんに伝えておくね!」
 ん? 僕?
 電話を切った沙織ちゃんが僕に「あのね、昨日、佐々木くんと一緒だった?」と聞いてきた。
「ああ。昨日、愁と一緒にケーキを作ったよ」
「佐々木くん、直樹くん家の冷蔵庫にケーキを忘れて来ちゃったんだって」
「はぁ!? あー……確かに愁はケーキを持って帰っていないな……」
 思い返してみると、帰る時の愁は手ぶらだった。
「ケーキは諦めもつくみたいなんだけど、お財布も忘れたんだって」
「え? 昨日の夜、愁の財布なんて見てな……あ。上着のポケット?」
 帰るときに寒くないのかなーって気にはなってたけど、そういえば来るときは上着を着ていたな。愁は実家暮らしだから、鍵はなくても困らないし……でもさ、そんなに大事なものなら、帰った時に気づかないか?
「うん。なんかね、帰ったら眠くなったから寝て、さっき起きた時にやっと気づいたみたい。『寝坊してごめん』って悠里ちゃんに謝ったときに事情も話したんだって」
「僕にも電話してこいよなー……こういうときに限って変な遠慮しやがって……。ごめん、沙織ちゃん。僕も電話する」
 メッセンジャーアプリのメッセには『直、ごめん。やらかした』とだけ書いてあった。
「気にしないでー」
「愁?」
『ごめん、直!!』
「事情は藤堂さんから聞いた沙織ちゃんから教えてもらった。お前な、メッセンジャーアプリのメッセにあれだけしか書いてなかったらわかるわけがないだろ……」
『流石に悪いと思って……』
「そういう時に変な遠慮はするな。一応、何かあった時に親に頼れないから、おばさんに合鍵を預けているんだ。それを使え」
『直! 愛してる!!』
「愁が言うと気持ち悪い。早く準備して藤堂さんのところに行ってやれよ。藤堂さんと合流してから僕の部屋に行けばいい」
『どうせ寝坊して遅刻してるし、家主いないのに二人揃ってお邪魔するのも悪いから、急いで行けばいいだろ』
「はぁ……藤堂さんにちゃんと謝れよ」
『わかってるよ。悪かったな、直。今度飯奢るよ』
「はいはい。ほら、早く行け」
『ありがとう。直、またなー』
 愁との通話を終えたら、ため息が出た。
「はぁ……。ごめんね、沙織ちゃん」
「気にしなくていいよー! 大丈夫そう?」
「大丈夫そうだけど、藤堂さん大変だなぁ……」
「ふふっ。悠里ちゃん、あれでも楽しいみたいよ?」
「え? あいつ、藤堂さんに迷惑をかけまくっているのに?」
「それが新鮮なんだってー。いつもはみんなが心配性で悠里ちゃんに色々気を遣ってくれるけど、佐々木くんは『私がしっかりしなきゃ!』って思わせてくれるから嬉しいんだって。詳しくはわからないけど」
「ふぅん?」
 藤堂さんは藤堂さんなりに何かを抱えていて、それが愁のおかげで気持ちが楽になっているのかな? それならいいけど……。


You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


Send Message

@yudukikiri
弓月キリ【月夜のよろず屋】@コロナに負けるな通販イベント仕様検討中
Share this page

Theme change : 夜間モード
© 2020 Privatter All Rights Reserved.