:

令和元年のゲーム・キッズ 06「ふしょうの息子」

@kozysan
Publish to anyone 4favs 2
2019-05-06 05:15:23

渡辺浩弐のショート・ショートです。
※メイキング→https://www.youtube.com/watch?v=tQfF0nEKzn0
※完成品→https://www.amazon.co.jp/dp/4065169321

「ババアか? おい。いるんだったら返事しろってんだよコラ」
 ……ごめんなさい
「昼飯は廊下にぶちまけてあったろう。気づけよ糞が。待ってるんだからすぐに代わりを持って来い」
 ……ごめんなさい
「ハンバーグの挽肉は牛肉と豚肉7:3だ。手ぇ抜くなよ。外に出ないぶんメシくらいしか楽しみがないんだから」
 ……ごめんなさい
「ごめんなさいしか言えねぇのか、全く。もたもたしてねぇで早くメシもってこい」
 ……ごめんなさい

 か細い声。もう長いこと顔を見ていない。ずいぶんいい年だ。ええと80歳くらいになるのかな。それでもまだしばらくは生きてるだろうし、どうせ年金もらってる身だ。俺のために尽くす余裕はあるはずだ。
 その義務があるんだババアには。ババアって呼んでるけど、そういえば母ちゃんだな。まあもう母親だなんて認めてやらんけどな。
 そもそも、お前のせいだ。思い返せば、俺が泣いて帰って来た時、厳しく叱ってあげるべきだったんだ。あそこで甘やかしやがったせいで、出かけるのがおっくうになった。そのままひきこもりになった。
 俺がどんなに嫌がっても、無理にでも学校に通わせるべきだった。なのに、家庭教師をつけるからそれで十分だと言った。
 連れて来た家庭教師はどいつもこいつも話がつまらない不細工ばかりだった。4人目か5人目でババアはあきらめ、教養はネットや本で身につければいいとか言いやがった。なら、ためになる本とか無理矢理にでも読ましてくれれば良かったのに俺のいいなりに漫画やゲームばかりを買ってくれやがった。
 そのせいで俺はバカになった。友達もできなかった。仕事なんかできるはずがない。できそこないのひきこもりになった。いや、ならせられたんだ。
 こうなった以上は一生、責任を持ってもらわなくては。俺が生きてるうちはババア、お前も生きのびて、世話してくれなくてはな。

……ごめんなさい
「ババア。うるせーぞ。メシならそこに置いとけ」
……あなたは私がいくつだと思っていますか。
「うるせーって言ってんだろうが……えっ?」
 えっ?  ”ごめんなさい”以外の声を聞いたのは久しぶりのことだった。俺は黙って、耳をすました。

……80歳になるんです。生きていればね。ただね、あなたに教えていないことがあります。

どういうことだ!?

 お母さんも、そしてお父さんも、とうの昔に死んでいます。毎日、食事を届けているのはベルトコンベアーとロボットアームです。
 声は、AIが合成していたものです。簡単なやりとりしかできませんが、あなたの面倒をみることに複雑な会話は必要ありません。ごめんなさいを連呼するだけで済むはずです。そうだったでしょう?
 ただし今のこの声は、録音されたものです。これを聞いているということは、時期が来たということです。大事な話です。最後まで、ちゃんと聞いて下さいね。
 あなたが知らないことです。人の寿命は法律で決まっています。今、人間は、50歳より長く生きてはいけないことになっています。
 しかし私達夫婦は、この決まりに疑問を感じていました。人が人の命を制限するなんて、おかしいです。私達はそれから逃げることなんてできないと知っていましたが、妊娠した時、決心が固まりました。次の世代、私達の子供には、生きのびてもらおう。50歳ではなく、生物としての寿命を全うしてもらおう、って。
 私達には考えがありました。それを実行したのです。あなたを、秘密裏に産みました。出生届も出しませんでした。
 つまり私はあなたを大事にこのお腹で育て、産んだあとも、お腹の中と同じような場所、完全オートマチックのひきこもり部屋の中に、閉じこめておくことにしたわけです。うまくいきました。強制せずとも、あなたは進んでひきこもりました。
 あなたは、自分でひきこもったつもりでいたことでしょう。
 さて、今のあなたはいくつでしょうか。私達の予想では、50歳は超えているはずです。もしかしたら60歳くらいまで、持ちこたえてくれたかな。
 本当はね、100歳を過ぎて、生物寿命まで引きこもって生きてもらおうと思っていたんですよ。それは無理だったでしょうね。私達は結構なお金を遺しているはずなのですが、あなたはとにかく金遣いが荒い子です。食べ物もぜいたくだし、ゲームだのなんだのを買いまくっていて、それは私達が死んだ後も続くでしょうから。
 今この録音が流れているということは、あなたはお金を使い切ったということです。
 けれど心配しないでね。大丈夫なのです。
 このタイミングが近づいてきたことを認識すると同時に、コンピュータからネット経由で出生届を出しています。
 あなたは6年前に産まれたのです。ちゃんとした人間として、登録されたのです。
 わかりますか。つまり歳をごまかしたのです。あなたは今6歳ということになっています。つまり50歳になるまで、あと44年、生きられるわけです。今すでに50歳でも、プラス44年、実年齢94歳まで。十分でしょう。
 さらに素敵なことがあります。あなたは長いこと、ひきこもっていましたけど、この4月から……来週から、お外に出られるのです。
 いや、必ず出なくてはいけないのです。あなたは登録されていますから、立派な人間なんですから。
 6歳になって、4月が来たら。そう、わかりますね? 小学校に入学することになっています。義務教育ですから、ちゃんと通う必要が、あります。
 大丈夫です。小学校は家のすぐ近くだし。明日には道具とかランドセルとか一式全部が届くはずです。
 子供のふりをして、ランドセルを背負って通ってください。
 それからさっきも言ったけれど、もうお金はありません。アルバイトをしてください。小学生でもできる仕事はなかなか見つからないと思いますけど、がんばって探して下さいね。
 うまくやって下さいね。うまくやれなかったら、すぐに殺されますから。


ぷよ太郎 @yorikone

出来るならば、ずうっと仕事せず守られて暮らしていたいですね

2019-05-18 12:27:28
押利鰤鰤 会社倒産して無職3ヶ月 @yawaren

残酷なのは世界か親か。
どっちもですね。

2019-05-24 02:44:14

You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


@kozysan
渡辺浩弐
Share this page


Theme change : 夜間モード
© 2020 Privatter All Rights Reserved.