.

この広告の表示を止める

【定期更新】てるてるの日記03

@miraclegumi
Publish to anyone
2019-08-17 10:56:50

ソラニワのPC てるてる(Eno.435)の日記(3回目)です。結果の日記とは内容が異なります。

・1回目の日記
https://privatter.net/p/4758298
・2回目の日記
https://privatter.net/p/4832186
・PCの結果ページ
http://st.x0.to/?mode=profile&eno=435


 私の名前はてるてる。
 数多の地をその足で歩いてきた。
 全ては私がより斬る為に。
 モノノフとなり戦場で人を斬る為に。




 じゃあ

 その前は?



 爆風、轟音、銃声、悲鳴。
 警報、崩落、部屋が崩れる。

 崩れる中で、私は人を斬る。
 白衣の男、後ろから横に両断する。
 私に命令した男、逃げたので同じく後ろから横に両断する。
 部屋に駆け付けたヒトが1、2、3、4、5、開いた部屋のシャッター前で、順番に横に両断する。

 私の右腕が、輝く刃がジリジリと音を立てている。"斬る"為の腕、光る刃の腕。
 人の手ではない、私の手首から先はプラズマ化した高熱分子の振動で、物質を焼き切る為の腕になっている。
 人を斬る為の腕。これが私の"役割"だから。

 警報に乗じて、部屋から次々と他の"知り合い"が顔を出し始める。
 蔦の生えた女の子、お久し振り。
 黒く小さな妖精、元気そうだね。
 ◾️◾️◾️◾️、相変わらずだね。
 騒ぎに乗じて壊れる壁、天井、逃げ回る職員、鎮圧に来る職員。
 近付く人を、私"たち"は全て斬る。横に斬る、両断する……だって私たちの役割は、

『全員道連れにして皆殺しにしてやれ』だから。


 そうこうしているうちに、建物が衝撃に耐えられなくなって、崩落した。ガラガラがしゃん。




 私の名前はてるてる。
 数多の人をその腕で斬り伏せた。
 それが私の役割だから。
 人を斬るのが、私の役割だから。




 じゃあ

 その前は?


You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


@miraclegumi
雨宮さん
Share this page

Theme change : 夜間モード
© 2020 Privatter All Rights Reserved.