:

広告表示切替

統一帝政カメラード

@erindyll
Publish to anyone
2019-12-27 08:08:44

リースさん質疑応答集

◎統一帝政カメラードとは
統一帝政カメラードは、カメラード地方の「人間諸都市と亜人の各部族の緩やかな連合」です。
無数の都市国家と部族・集落が、アルフェスを皇帝として見る事に賛成してる、という繋がりで形成されています。

また、「カメラード」という単語は「国名」じゃなくて「地方名」です。
そのためカメラードの人達、例えばカルメルの人は自分達をカメラード人じゃなくてカルメル人と思ってます。他の都市や部族も同様です。



◎魔人前線国に該当するのか
ガチガチの前線国です。



◎帝都カルメルという街の様相
帝都はあらゆる種族が表通りにも、スラムにもいます。
ただし、やはり表の大半は人間で、裏に行く程亜人種が多くなります。
カルメルは交易拠点であり大都市です。大通りは非常に賑わっています。



◎奴隷市場に関して
奴隷市場はあります。
それは忌むべきものではなく、ごくごく普通の市場としてです。
また、奴隷商人は立派な職業で、疎まれる存在ではありません。
亜人の中でも「奴隷である者」「奴隷でない者」が存在し、それは彼らが"人か商品か"を分けています。

ただし、「奴隷でない」亜人を襲い、無理やり奴隷として利益を得ようとする者は、襲った者、売る者、等しく【犯罪者】です。
そのような者たちは、人間たちからも忌むべき存在として見られます。



◎カメラードの人たちの「人」と「亜人」に対する価値観
帝都カルメルでは、少なくとも亜人には人権があります。
しかし、それは人間よりも少ないですし、差別もあります。
例えば、「亜人お断り」の店が普通にあります。

そして、ほとんどのカルメル人は亜人も含めて「差別じゃなくて区別」と思っています。
「亜人にも当然人権はある。でも亜人は人間より格下に決まっているだろう」というものが、基本的な考え方として、"人間・亜人の双方に"根付いている価値観です。



◎戦争捕虜と奴隷
カルメルは交易都市としてとても栄えていますが、ペンナル大陸南方は魔人前線国として今もなお戦争中の土地です。(魔人の大陸への侵入を阻んでいるため、カルメルの治安は落ち着いています)
そのため、カメラード内部での「戦争捕虜」は、普通に奴隷商人に卸売りされます。


You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


@erindyll
ラウニー
Share this page

Theme change : 夜間モード
© 2020 Privatter All Rights Reserved.