ads by microad

【フリー素材配布】FireAlpaca用ビットマップブラシ。

Publish to anyone
2013-08-19 20:28:57

水彩やインクのタッチで描けるアナログ風ブラシを幾つか。
使用報告不要・商用利用も一応可です。ご自由にお使い下さいませ(※再配布は×)。

※一応FireAlpaca用としていますが、このソフトと元を同じくするMedibangPaintでもこのまま使えますよー。

※はじめに※

このページの記載内容は(一部追記部分を除き)基本的に初公開当時(2013年8月)のバージョンが基準になっています。
その為、実は最新のver.とは一部内容にズレが生じてきている(と言うより「此処で解説している以上の事が出来たりする」)部分もあるんですが…
まぁブラシ自体はそれでも特に問題無く使えますので、基本的には特にそれに合わせた修正は行わず当面このまま、とさせて頂きます。
そこだけはご了承の上でのご利用をお願い致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ビットマップブラシ機能で水彩・毛筆風ブラシを作ってみました。
個人的に結構いい感じかなー、と思ったので…折角なので配布致します。
もし宜しければ保存してご自由にお使い下さい。商用利用も含め使用報告等も不要です。
(※但し素材としての再配布・ブラシの自作発言はご遠慮願います…)

…ぶっちゃけアルパカ以外のソフトでも一応使えるんですが…
(ただのpng画像なので)
ま、まぁそこはオフレコで………(^ー^;)

(2014/09/05更新:twitpic閉鎖に伴い画像リンク元を変更)


※注意事項※
画像数を抑える&一括でお持ち帰り出来るように、
1つの画像に纏めた状態にしています。
下記配置・描画サンプル画像を参考に必要な部分を
各自トリミングしてお使い下さい。
(トリミング方法:目的の部分を長方形選択ツールで選択し、
上のメニューバーから[コピー]→[クリップボードの画像から新規作成]でおk。
それに別名を付けてpng形式で保存し、ブラシパレットから読み込んで下さい)

また、1と2はトリミング時にどうしても別ブラシの一部が
画面に入ってしまいますので
その部分はトリミング後に消しゴムツール等で消して下さい。
すみません…m(_ _)m


配置はこうなっています(数字は下記描画サンプルに対応)。


描画サンプル。それぞれこんな感じに描けます。
因みにブラシ不透明度は20~55%程度に設定しています(※【4】のみ100%)。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆各ブラシ毎の設定値と、簡単な解説◆

各ブラシはそれぞれ、[ブラシ編集]画面(新規ブラシ登録時に強制的に開く他、
登録後にブラシパレット上でダブルクリックする事でも呼び出せます)で
以下で説明する数値に設定値を調節してお使い下さい。

ブラシサイズや最小幅の辺りは描く物に合わせて変えても問題ない…んですが
問題は下の方にある[描画間隔]と[回転orランダム回転(の、チェックボックス)]。
此処の設定が違うと…描画結果がこの通りにならない事はは勿論
設定によっては非常に扱い辛いブラシになってしまいます(特に1~3は顕著)。

とは言えど、基本的にそれぞれ自分にあった設定値を見つければいいと思うので
お好みでこの数値以外に変えて使って頂いても構いません。
なので以下は「一応の推奨設定」…という事で。ご参考程度に。

【ソフトのアップデートに伴い、以下は後日の追記】
一部(特に1~3)のブラシチップは、[1.0.43] で追加された散布ブラシや
[1.0.46]で追加された散布水彩ブラシとも割と高相性かな~、と思います。
(特に後者の方は割とどう設定しても濃度が飽和し辛いのでオススメ)
気になった方はこちらも色々試してみてください。

一応…私が実際に[散布]ブラシで使用している設定例はこんな感じです。
(通常のビットマップと散布、両方のタイプをそれぞれ別ブラシとして登録しています)
因みにコレ、本来の「散布」ブラシの用途を真っ向から無視した
『アナログ的な色ムラを付けてべた塗りをする』為のブラシです(^ー^;)
…まぁ、こういう使い方も出来ますって事で(塗り上がりの雰囲気は中々良いと思います)。

因みにチップ画像は[2番]の物です。


※画像左側の『混色』というのは、サブカラー(パレットの選択色で
後ろ側にある方に表示されている色)に設定した色の事です。
その色が(メインの色に)所々ほんのりと混ざる為、ただべた塗りしただけでも
適度にアナログ的な色ムラの出来る描画結果になる訳です。
(基本的にサブカラーは白or絵の背景色にしておくと
割と自然な感じに仕上がります)


あと、同じブラシチップでそれぞれ[散布]と[散布水彩]にして
適当にぐりぐり塗り混ぜた場合の比較も載せておきます(14/02/03追加)。

(※使用チップはこちらも2番のものを使用)


………あれ、こうして見ると…この(1〜3番までの)ブラシ群、結局[散布水彩]で使うのが一番適切な気が…(-ω-;)
↑まぁ配布始めた時期が時期って事で…勘弁してあげてください…。

─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─

※全ブラシ共通で[筆圧サイズ][前景色を適用]にチェックを
 入れたままにしておく(※初期状態で入になっている)事を前提としています。

─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─

【1】水彩にじみ(大)

サイズ:200px 最小幅:70% 描画間隔:21
チェックを入れる項目:[筆圧不透明度]・[ランダム回転]

ブラシチップのサイズが大きい為、初期サイズをかなり大きくしていますが
実際には小さめのサイズに設定した時もちゃんとにじみの質感は出せます。
但しやっぱりこの位のサイズに設定した時の方が綺麗に出るので…
主に大きめサイズの絵や背景用に。

=============================================

【2】水彩にじみ(中)

サイズ:100px 最小幅:73% 描画間隔:9
チェックを入れる項目:[筆圧不透明度]・[ランダム回転]

上のと似たような用途のブラシですがサイズ小さめなので小回りが利きます。
また、多少薄めなので描画間隔はやや狭めにしました。
最小幅の設定はもっと細めても良いかも。

=============================================

【3】水彩にじみ(小)

サイズ:70px 最小幅:50% 描画間隔:15
チェックを入れる項目:[筆圧不透明度]・[ランダム回転]

実はこれ元々ブラシチップとして描いた物…ではなく、絵の具の濃度確認用に
紙の端の方に試しに置いてみただけの部分でして(^ー^;)
スキャン時に入ってしまったので一応何となく試してみたら
意外と良い感じだった(寧ろ今回のお気に入り)…という代物です。
何と言うか…アナログで描いた物からのブラシ製作は中々奥深い物、って事で。

=============================================

【4】紙にインクが染み込んだようなペン

サイズ:10px 最小幅:10% 描画間隔:5
チェックを入れる項目:[ランダム回転]

元々ある[ペン]をもう少しアナログ的な質感にした物…とお考え下さい。
ちょっとアナログ的な描線の表現には使えるんじゃないかなー、と思います。

=============================================

【5】【6】毛筆(※設定数値は両者共通)

サイズ:50px 最小幅:0% 描画間隔:5
チェックを入れる項目:[筆圧不透明度][回転]

どちらもちょっと筆先に絵の具が固まってパサパサした感じの毛筆風ブラシ。
【6】の方がちょっとこってりした質感になります。
余談ですが…このチップで[ランダム回転]にチェックを入れた場合も
それはそれで結構面白いブラシになります。暇な方は一度お試し下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆おまけ(というか補足と言うか…)◆

最後に。自分でブラシ作りをする時のコツのような物を。
(※主に水彩的なブラシを作る時向け)

FireAlpacaさんは現状『ビットマップ画像を水彩ブラシのチップとして使う』事に
未対応な為、水彩境界的な「中央が薄く、縁の濃度が濃くなる画像」は
とてもじゃありませんが使えたもんじゃない結果になります
(散布ブラシの場合はさておき…)。

それ以外の画像であれば、後は大概どうにか使える物になるような気がします。
まず以下のような設定にし、ブラシ不透明度を30%程度にして
試し描きをしてみて下さい。
(サイズ&最小幅は当然ながらこれ以外でもおkです)


これで軽く塗り重ねて、(濃度が濃すぎて)中央が変に滲んだようになる場合は
描画間隔が狭すぎるので少しずつ数値を上げていきます。
多少塗り重ねても中央に変な『溜まり』のような物が出来ず、
かつ描点も離れて見えなければそれが適正値、自作ブラシの完成です。


また、よく[ランダム回転]を使うブラシを作る際、[回転]の方にも
チェックを入れるように説明している例を見かけますが…
実際にはこの両者の効果は別に重複する訳ではありません。
([ランダム回転]が有効な状態では、[回転]のチェックオン/オフで
描画結果は特に変わりません)

…まぁ、重複させていてもそれが原因でエラー起きる訳でもないようなので
特に問題もないんですが…一応補足しておきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

以上、此処まで長々とお付き合い頂きありがとう御座いましたm(_ _)m


ads by microad


水縹ロコ
@mhnd_rc_
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2018 Privatter All Rights Reserved.