やまだん氏「とうほうかいわい うらばなし」感想

Publish to anyone 1061
2021-03-23 10:55:28

3/21 博麗神社例大祭で頒布された、やまだん氏「とうほうかいわい うらばなし」の感想です。

またぶっ飛んだ本だしおったなあんた!

あれほど地元静岡での開催を心待ちにし、延期に歯噛みしていたやまだんさんがぶっ放したビーンボール、いや頒布はできているので160㎞/hのフロントドアなシュートボールでしょうか、それがこいつです。

言いたい放題というのはまさにこのことで、例大祭運営の話から、即売会の話に、同人誌のスタンスの話に、読書会の権威の話、ともう居酒屋でも三次会くらい場が温まってないとできんわ、ってくらいにやりたい放題やりやがってます。

その一方で、話しているのが結構界隈に長く活動も多い方ばかりと思われる(開始1ページで半分くらい構成層が分かりましたよ?)ため、貴重な話が多いのも確か。日程のお話など、半年前に予約開始の施設じゃ遅くて使えないと言っちゃうような大規模のイベントは情報があまり出ないので、そこは本当に貴重な裏話でした。なんで半年前じゃ遅い(≒1年前から借りられる施設でないと困る)かは本の中にしっかり書いてあるので、入手済みの方は読んでくださいね。

詮索するなと書かれていますが、大体7割くらいの感じで当たりつけられますね。飲み会どころかdiscordで会う度にする話題をほぼそのまんましているという人が数名いらっしゃいます。気を付けましょう。自分も気を付けます。小鈴と文々。新聞が指しているものほぼ確定。ただ、7割でそうだと思うというのは、現在流行りの競馬用語にすると単勝1.1倍というのと同じですので、明言は避けます。外すときは外すし、外した時はなかなか怖い。DMで突っ込まれても答えませんので、あしからず。

例大祭入手の同人誌で初感想がこれというのはまた邪道極まりないですが、これが最初である理由がありまして、自分はこの中にはいないということを明記しておかないといかんな、と思ったからです。

創作の狂気の話は去年11月に発表会でやって、ひさけっと参加者で、読書会の権威については盛大に否と吠えました人間ですが、私はあの対談の中にはいません。当事者で楽しく話せたのであれば構わないのですが、イマジナリー参加者にされてしまうのはあまりに不本意ですので、釘を刺すついでに感想とさせていただきました。ほんと、こっちが緊急事態宣言間近で胃に穴空きそうになりながら発表会運営してた12月に楽しそうなことを……


Press the Nice button to this post.
  • Add to Favorite
  • Tweet
  • You have to sign in to post a comment or to favorites.

    Sign in with Twitter

あおこめ(5/1読書会・5/2-3発表会)

© 2021 Privatter All Rights Reserved.