アレクサンドラ・トゥルソワ:≪私は複雑な内容でスケートをするのが好きです≫

≪ロシアのロケット≫が語る、滑走時の気分の重要性、ペアでのスケーティング、そして一年間の変化

著者:タチアナ・フレイド

2021年4月7日20:01

自身のデビューとなった世界選手権で、フィギュアスケート選手のアレクサンドラ・トゥルソワは、12位となったショートプログラムの後、表彰台へと上り、銅メダルを獲得しました。Olympic Channelのインタビューで16歳の彼女はストックホルムでの経験、今シーズンの変化、ネイサン・チェンにどのように勝ったかについて語りました。

Olympic Channel:サーシャ、あなたは初めて世界選手権に出場しました。あなたは長い間このイベントを待っていました-昨年はパンデミックのためにデビューにはなりませんでした。教えてください、今回の通常とは違った選手権の印象はどうでしたか?

Alexandra Trusova:
はい、とても珍しい世界選手権だとわかりました。観客がいないのはとても奇妙でした。そして競技ではそれほど違和感がなかったとしても、今わかったのですが、私たちは通常観客に向かって滑るショーでもただ滑るだけになりました。(インタビューは世界選手権のエキシビジョンの前夜に行われました-OC解説)しかし全体として、もちろん、世界選手権が行われたことはとても嬉しく、私にとって素晴らしい経験です。私はすべてのミスを修正し、より良いスケートをしたいと思っています。

OC:あなたはここでどのような経験をしましたか?このスタートであなたは何を学び、あなた自身について何を知りましたか?

AT:
私は調整の方法を学んだことがないと気づきました。私はネイサン(チェン-3度の世界チャンピオン-OC解説)が、どのように上手く調整し、上手く4回転で回転するか見ました。生で見るのはとても興味深かったです。それでもすべての大会は経験であり、世界選手権に参加することは私にとってとても重要でした。

OS:世界選手権での演技の後、もう何か結論を出すことができましたか?

AT:
私はまだまだ複雑な内容のジャンプをしなければないと結論付けました。そしてそれが簡単か難しいかにかかわらず、私は演技中に適切な調整をしなければなりません。それはまだできていませんが、私はそのようなスケートができるように努力します。しかし私はより複雑な内容でスケートをする方が好きです。

OC:世界選手権においてあなたは良い調子でした。練習では4回転と3回転半を行い、すべての要素を滑っていました。この難しさはは具体的にどのようなものでしょうか?どうすれば改善できるでしょうか?

AT:
さまざまな調整、さまざまなテクニックを試してみたいと思います。演技のための調整がなぜできないのかはわかりません。なぜなら、ホームでの練習ではないストックホルムのここでの練習でも、私はしばしばクリーンに滑り、ジャンプも非常に安定していました。昨年と比較しただけでも、ジャンプの安定性は大幅に向上しました。しかし、今までのところ大会の演技では良くないのです。

OC:今シーズンの自身の成長についてはどのように思っていますか?

AT:
滑走に関しても構成要素に関しても大きな改善があるように思えます。私たちはそのために多くの努力をしてきました。そしてプログラムでは、私はジャンプだけでなく、スケーティングやスピンも好きになりました。今シーズンはプログラムのすべての要素で改善があったと思っています。

OC:あなたはアイスダンサーたちとも一緒に仕事をしましたね。

AT:
はい、シーズンの初めに、デニス・エドゥアルドヴィチ・サモヒンの妻であるマリア・ヴァレリエヴナ・ボロヴィコワと滑りました。彼らアイスダンサーと一緒に滑りました。私たちが始めたばかりのとき、初めてか2回目、私はドミトリー・セルゲエヴィチ(ミハイロフ‐OC解説)とペアでスケートをしました-正しく着氷できるように、足が

OC:ペアで滑るのはどうですか?

AT:
とても興味深いです。そして、私の意見では、パートナーが私を連れて行ってくれるのでとても簡単だと思います。たぶん、ただ私がどうしたらいいかわからなかったので、彼が私を連れて行ってくれて、それで私にはとても簡単で楽だったのです。

OC:ペアに移行するとか?ネイサンと?

AT:
いいえ、しません。

OC:ネイサンに関しては、あなたは彼を応援し、彼のスケートを見てトレーニングしていると言いました。彼と交流しましたか?

AT:
はい。私は彼に4回転ルッツを一緒に跳ぶようお願いしました。彼は少しストレッチする必要があると言いました。ウォームアップして、そして私たちはジャンプしました。

OC:そしてあなたはこの≪競争≫に勝ちましたね?

AT:
はい。私は競技会以外どこでも勝ちます。

OC:すべてが進んでいます。オフシーズンにあなたは別の学校に移行しました。この移行で何が変わりましたか?エフゲニー・ヴィクトロヴィチ(プルシェンコ‐OC解説)は、常に自分のトレーニングシステムを持っていると言っています。正確には何が違うのでしょうか?

AT:
すべてが違います。さまざまなトレーニングスケジュール、これまでに行なったことのない多くの新しいエクササイズ。何か新しいことを試すのはとても面白いです。早く終わるよう頼んだので、早い時間からリンクで滑り始めます。トレーニングが終わると学校があります。私は10年生です。そして半週末(訳注:週の半ばなどに仕事を早く切り上げたり遅く始めたりして休む日)が追加されました。以前は週に6日2回のトレーニングを行っていましたが、現在は2日の半週末があります。

OC:移行当初、あなたはエフゲニー・ヴィクトロヴィチと一緒に仕事をしたいと言っていました。彼は優れたアスリートであるだけでなく、氷上のアーティストでもあるからです。あなたにとって期待したものが仕事にありましたか?そして現在彼らはその期待に応えられていますか?

AT:
私はこの仕事に対して色々な意味で期待していましたが、実際にはもちろん期待通りで、そして
働くことは依然とても興味深いです。また、彼が氷上のアーティストであることも付け加えたいと思います。世界選手権の前に、私たちはサンクトペテルブルクでのアレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンの記念日に演技し、そしてエフゲニー・ヴィクトロヴィチの息子であるサーシャも私たちと一緒に行きました。私はそこで初めてだと思うのですが、プログラムの最初から最後まで、衣装を着た彼の演技全体を見ました。彼らがどれほど似ているか、私は本当に驚きました。サーシャはとても小さいですが、すでにとてもエモーショナルで芸術的です。

OC:あなたはエフゲニー・ヴィクトロヴィチから具体的に何を学びましたか?

AT:
たくさんの技術です。彼はアレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンと共に行なっていたように、ジャンプの準備のためのさまざまな練習を加えました。彼が自身に身に着けた多くのことです。

OC:彼の演技を見たことがありますか?

AT:
はい、私は小さい頃からいつも見ていました。私たちはいつも彼を応援していました。

OC:エフゲニー・ヴィクトロヴィチがあなたが今住んでいる家の動画を見せてくれました。そこに住んでみてどうですか、快適ですか?

AT:
リンクに近いのでとても便利です。平日はそこに母と3匹の犬と一緒に住んでいて、週末は私たちの家に行って家族で過ごします。

OC:ストックホルムでは、あなたのお母様も犬たちもいません-これは珍しいことでした。どのように対処しましたか?

AT:
両親はよくビデオ通話をかけてきて、犬たちを見せたり、話しかけてくれたりしました。時には夜にさえ電話をして、ずっと話していました。もちろん、私が一人でいるのは難しいです。母がそばにいて、時々ただ話をしたり、尋ねたり、何かを言うことができるように、母と一緒に行きたいです。私たちはいつも一緒に映画を見ています。でもここでは私は部屋に一人でした。

OC:願わくば、これは最初で最後であってほしいですね。そしてこの状況にある≪世界≫について全体的にどのように感じましたか?

AT:
基本的には大丈夫です。ただ一つ、もちろん競技がないときはどこかに出かけたかったのですが、それは不可能でした。私たちは男子の演技を見たり、テニスをしたりバスケットボールをしたり、遊んでいるのをただ見ていたりしました。できることはすべて行なわれました。

OC:1年前のヨーロッパ選手権の後のサーシャと、今の世界選手権の後のサーシャを比べると、どのように変わりましたか?

AT:
私としては何かが大きく変わったとは言えません。わからないので、言えません。たぶんどこか、ええ、成長しました。

OC:フィギュアスケートに対するあなたの見方が少し変わったように思えます

AT:
はい。たとえば、私はゆっくりとした(音楽の)ショートプログラムにし、音楽に上手く対応しようとしました。

OC:次のシーズンに向けてプログラムは変更したいですか?

AT:
毎年変えているので、そうすると思います。同じプログラムで2年滑るのは好きではなく、毎年新しいプログラムを作るのが好きです。

OC:あなたは選曲に関わると言っていましたが、音楽を聴いて何か提案しますか?

AT:
はい、もちろん。現在私たちは皆熱心に音楽を選び始めています。

OC:来年の最大の内容は、演技にトリプルアクセルを入れたいということでしょうか?

AT:
もちろんです。一貫してトリプルアクセルを実行したいのですが、もうすぐです。そして、クリーンな4回転を跳びたいので、努力します。


(終)


Press the Nice button to this post.
  • Add to Favorite
  • Tweet
らいか⛸

© 2021 Privatter All Rights Reserved.