.

ビクトリア州で発生した謎のコヴィド-19感染者は、ロックダウン計画を狂わせる恐れがある

Publish to anyone 4568
2021-06-02 11:01:54

“ビクトリア州当局によると、ウイルスを持った他人と「すれ違った」だけでコヴィドに感染してしまう人がいるという。”

Mystery cases pose huge lockdown threat https://www.news.com.au/national/victoria/mystery-covid19-cases-in-victoria-threaten-to-derail-lockdown-plan/news-story/a7bc9405cfb1ca55c4a08eb67d93c5d2#.g4o6a @newscomauHQより

ビクトリア州で発生した謎のコヴィド-19感染者は、ロックダウン計画を狂わせる恐れがある
ビクトリア州当局は、現在メルボルンで感染が拡大しているコロナウイルスの新しい特徴を明らかにした。

ビアンカ・マストロヤンニ、ベン・グラハム

ビクトリア州では、コヴィド19の感染者が一晩で26人に達したため、深夜から7日間の厳重な監禁体制に入ることになった。

ビクトリア州当局によると、ウイルスを持った他人と「すれ違った」だけでコヴィドに感染してしまう人がいるという。

検査官のJeroen Weimar氏によると、州内で感染した54例のうち、少なくとも4例はビクトリア州民同士の「一瞬の」接触によるものだという。

"今、私たちが目にしているのは、人々が小さな店ですれ違ったり、展示されている家に行ったり、テルストラの店で写真を見たりしている姿です」と彼は言った。

"これは、相対的に見て、相対的に一瞬の出来事です。互いの名前も知らないし、これまでとはまったく違う。

"これは他人から他人への感染です」。

彼は、ウイルスが広がりやすいのは、インドの亜種の特徴かもしれないと言いました。

"これまでの亜種では、感染は家庭や職場など、お互いをよく知っている場所で起こることが多かったのですが、そういった大きな社会的環境ではありませんでした。"これらは全く異なるものです。

"私たちは、このような場所で、非常に短い時間の接触で感染を確認しています。南メルボルンのTelstra社の店舗、JMD Grocers社、数日前に話題にした展示住宅、さらにCraigieburn Centralショッピングセンターなどの場所で感染が見られました。

"これらはすべて、非常に限られた接点での伝送の例です。これまでの亜種では、家庭や職場など、人々が既に知り合いである場所で発生する感染に慣れていて、そのような大きな社会的環境ではありませんでした。これらは全く異なるものです」。

過去2週間に以下の場所に行ったことがある人は、名乗り出て検査を受けてください。

- クレイギーバン・セントラル



- ポート・メルボルンのベイ・ストリート・ショップ

- サウス・メルボルンのクラレンドン・ストリート

- パシフィック・エッピング、通称エッピング・プラザ

- エッピング・ノース・ショッピングセンター

- ブロードウェイ貯水池

ロックダウンは延長されるのか?

火曜日に新たに9人のコロナウイルス感染者が確認され、ビクトリア州では「信じられないほど深刻」な感染が発生しており、州全体が懸念しています。

そのうち6件は昨日すでに判明していたもので、ビクトリア州では現在54件を含む63件の感染者が発生していることになります。

しかし、いわゆる「ミステリーケース」の出現により、ビクトリア州のロックダウンが木曜日の期限を大幅に過ぎてしまうのではないかという懸念が高まっています。

----Tweet----

ビクトリア州政府観光局(VicGovDH@VicGovDH)

>6月1日
>昨日報告された 国内での新規感染者9名、海外での新規感染者2名(現在HQにいる)。
- 20,484回分のワクチンが投与された
- 42,699件の検査結果を受け取った

>More later: https://dhhs.vic.gov.au/victorian-coronavirus-covid-19-data

>#COVID19Vic #COVID19VicData
--------

これは、月曜日の症例のうち少なくとも1件が「ミステリーケース」と呼ばれていることを受けたものです。そのケースは、メルボルンの北部にあるArcare Maidstoneという老朽化した介護施設で起きたものです。

ジェームズ・メルリノ首相代理は、金曜日に終了する予定のロックダウンを延長することを否定しなかった。

その判断は、症例数だけではなく、リスクの高い環境であるかどうか、他の既知の感染症と関連しているかどうかなど、「症例の種類」によると述べています。

"状況が非常に深刻であることは間違いありません」とメルリーノ氏は述べています。"これからの数日間は非常に重要であり、この感染症は良くなる前に悪くなる可能性がある」と述べた。

ブレット・サットン首席衛生官は、ロックダウンは「日ごと」に見直されているが、最近の事例、特に高齢者施設での事例は気になると述べた。

"サットン教授は、「我々はこのウイルスと首っ引きで、絶対的な獣である」と述べた。"急速に動き回るウイルスであり、リスクの高い環境で発生した感染は非常に大きなものでした。
(補注:“an absolute beast”「絶対的な獣である」>“an absolute best”「絶対的な強さを持っている」のミスではないか?)

"しかし、この48時間の間に、非常に気になる情報が入ってきました」。

調査中の謎の事件

アルケア社のスタッフである50代の女性がどのようにしてウイルスを拾ったのか、コンタクトトレーサーはまだ解明できていない。

このケースは、ビクトリア州のCovid-19検査対応司令官Jeroen Weimerによって日曜日に明らかにされた。


写真を見る 写真キャプション:メルボルン郊外のメイドストーンにある高齢者施設に届けられた医療用品。


関連記事 メルボルンのロックダウンが「もっと長く」続く理由

"今日、施設内の他の全員を検査しているので、まもなく結果が出ると思いますが、それによって、どのような被ばくがあったのか、非常に多くのことがわかるでしょう」と述べた。

今回の事例は、「今回の集団感染の中では初めてのミステリーケース」であると彼は続けた。

"我々は、この症例がどこから来たのか、また、彼女が受けたであろう他の被ばくを特定することに全力を注いでいます」。

当局の発表によると、女性は先週の水曜日と木曜日にこの施設で働いていました。

金曜日に症状が出てすぐに検査を受ける前に、この期間に感染していたと考えられます。

"正しいことをしてくれた彼女には本当に感謝しています」とワイマール氏は語った。

彼女はコロナウイルスワクチンの1回目の接種を受けていましたが、2回目の接種は受けていませんでした。

(ワクチン接種済率マップ)
https://multitools.newscdn.com.au/multitools/slider/content/1610954186787/NED-3061-vaccination-rate-by-state_vCTsvWVm_.svg
https://multitools.newscdn.com.au/multitools/slider/content/1610954186787/NED-3061-vaccination-rate-by-state_TEdHu_93Xf.svg
https://multitools.newscdn.com.au/multitools/slider/content/1610954186787/NED-3061-vaccination-rate-by-state_hPfNHx_yNg.svg

この謎のケースは、ビクトリア州のロックダウンがさらに延長されるのではないかという憶測を呼んでいる。

疫学者のメアリー・ルイーズ・マクロース教授は、月曜日にABCに語ったところによると、予定通り金曜日までに州が解放されるとは考えていないとのことです。

"疫学者のメアリー・ルイーズ・マクロース教授が月曜日にABCに語ったところによると、州が予定通り金曜日までに解放されるとは思えないとのこと。

"この封鎖措置には1週間で10億ドルのコストがかかっており、当局はそれを延長することに非常に不安を感じていると思いますが、...14日間は確実に実施しなければなりません。

----tweet----
スティーブン・パーニス@SParnis
-
5月31日
2020年に発生した#高齢者介護のアウトブレイクと死亡事故は#Covid19Vicの最大の災害だった。この段階で、まだ多くの入居者やスタッフがワクチンを接種していないことは、非難されるべきことです。言い訳や自己満足はもうやめましょう。全ての入居者にワクチンを接種し、ワクチン未接種のスタッフを排除しましょう。#auspol
----------

写真キャプション
記者会見で報道陣の質問に答えるビクトリア州副首相のジェームス・メルリノ氏。写真はこちら。Getty ImagesSource:Getty Images

関連記事 信じられない」。唖然とする高齢者介護職員

一方、グレッグ・ハント保健相は、民間の高齢者介護施設では85%、ビクトリア州の居住施設では100%の入居者が予防接種を受けていると述べた。

オーストラリア看護・助産連盟ビクトリア州支部幹事のリサ・フィッツパトリック氏は、メイドストーンの施設でのワクチン接種率は、高齢者介護に対するキャンベラの「ゴー・スロー・カルチャー」の表れだと言う。

"ビクトリア州の高齢者介護施設で約2000人の入居者がCovid-19に感染し、655人の入居者が死亡し、1600人以上の高齢者介護士が感染したという後悔の念は、モリソン政府に緊急の対策を取らせるには十分ではありませんでした」と彼女はABCラジオに語った。



www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


  • Add to Favorite
  • Tweet
  • You have to sign in to post a comment or to favorites.

    Sign in with Twitter

Cook⚡夏アイコン頂きました/アイコン画像物販情報はピン留めを

© 2021 Privatter All Rights Reserved.