ads by microad

プロメア劇中歌「Inferno」 和訳

すみこ
Publish to anyone 208favs 4
2019-06-08 22:05:40

プロメア挿入歌「Inferno」の我流和訳
意訳と自己解釈多めなのでいろいろと大目に見てご覧ください…

*
Trails of fire
You always knew
They whould carry me home
They'd lead me to you
Trails of fire
You always knew
They would carry me home
They'd lead me to you

炎で焼ける轍は
いつだってお前が示した足掛かりだ
そいつが俺を仕事場へ駆り出す
お前の炎が俺を呼んでんだ

Though you can't see the san
A new day has begun
And I fall out of bed
to a siren call
In the frame on the wall
See you in fire
You guys are smiling at me
And you inspire

お前の目に陽の光が映らなくたって
今日という一日は始まるんだ
その途端にサイレンに叩き起こされて
俺はベッドから投げ出される
燃え盛り立ち塞がる炎の壁の中
そこでまた会おうぜ
守るべき皆から笑顔を向けられて
俺の魂は燃えるんだ

Not good enough
If I just let them get away
Not satisfied until I'm making 'em pay!
I'm a fool for adventure,you know?
Inside my heart feelin' the Inferno!

もしあいつらを取り逃がす真似なんてしたら
俺は納得いかないね
お前をお縄にかけるまで俺は満足してやらない!
俺は宇宙一の火消しバカなんだぜ、知ってるか?
心の奥が燃え盛ってるのがわかるだろ!

**
Barely catchin' my breath
Lay my eyes on the crest
Gonna square up to all of the heat that is left
So, I carry the torch to inferno!
Inferno!
It's out of the park
And I'm smilin' again
Here we go

俺の呼吸をちょっとでも受け止めたなら
この青いトサカを見つけるだろ
あとはこの灼熱の勝負に臨むだけだ
俺が炎の頂まで連れていく!
そう、この炎のてっぺんへ!
そいつを思いっきりかっ飛ばしたら
もう一度俺は笑うんだ
さあやっと始まるぜ

***
I know I know
I know I know
I will be here for you
Wherever you go
Yeah, I know
I know I know
I know I know
I will be here for you
Wherever you go
Yeah, I know

知っている 知ってるぜ
分かっている 分かってるさ
俺はお前のためにここにいるんだ
お前がどこにいたってな
ああ、知ってるさ
分かってるぜ
俺はお前のためにいるんだ
お前がどこにいたって
全部分かってるさ

Say I don't understand
But I don't give a damn
Even told me that I wouldn't reach the top
But I follow my grandfathers' journey
I know I can be the man that I should be

分からず屋って呼べばいいさ
知ったこっちゃないぜ
「お前にはムリだ」って言われたって
ずっと続いてきたこのやり方で進むだけだ
俺は「男を見せれるヤツ」だからさ

I down a coffee, grab my axe and then I'm out
I got a rage inside that's making me shout
I get high on the fighting,you know?
Inside my heart feelin' the inferno!

胃に放り込んだコーヒーが 得物を引っ掴んで沸騰し
燃え猛る炎になって叫びが溢れ出す
火事場に突っ込む度ハイになっていくんだ、感じるだろ?
俺の内側で炎が燃え盛ってんのをな!

**&***&*Repeat

All my life
Been searching for
The place I lost
It's what I adore
And all my life
Been hoping for
A happy life for me

この魂が燃える限り
ずっと探し続けるさ
失くしちまった場所を
そいつは俺の憧れ
そして俺のすべてだ
俺たちで作っていくんだよ
俺たちが手を取り合える世界を

**&***Repeat

Trails of fire
You always knew
They whould carry me home
They'd lead me to you
Trails of fire
You always knew
They would carry me home
They'd lead me to you

燃え尽きたこの焼け跡
最初からお前は知っていたんだな
俺が帰るべき場所を
お前の隣へ続く道を


///


・「Trails of fire You always knew」→「炎で焼ける轍は いつだってお前が示した足掛かりだ」
 この訳を最初に公開した時点では本能に従って街を燃やすバーニッシュを表して「獣道」でしたが
 後から違うな、と思ってマッドバーニッシュのマシンを意識した「轍」に変更しました。
 バーニッシュは獣なんかじゃなく人間なんですよね…。
 以前の訳を見た方にはちょっと申し訳なかったです。すみません。
 デトロイトをはじめとするマッドバーニッシュたちのマシンは全て車輪が付いていて、
 足跡とかとは違って明確に走った跡、轍が残るので、案外彼らは
 「見つけてもらいたかった」「呼んでいた」のかな~とかも思います。そこも含めてこの訳に。

・「Though you can't see the san A new day has begun」→「お前の目に陽の光が映らなくたって 今日という一日は始まるんだ」
 この「お前の目に陽の光が映らなくたって」という部分、後半で流れるリオ視点の曲「NEXUS」で
 「この目に陽が映ったことなんてない」という歌詞とリンクしたフレーズになっています…。
  主観ですが、ガロのInfernoの歌詞は「俺たちの暮らすプロメポリスは今日も晴れ渡ってるけど
 リオたちバーニッシュの瞳には陽の光が差さない、それでも時間は変わりなく無慈悲に
 今日も一日を始めてしまう、それぞれの時間を精一杯生きるしかない」みたいなニュアンスが
 含まれているような印象です。
 でもそれは諦めとかバーニッシュを見捨ててるんじゃなくて、そうやって毎日精一杯
 自分にできることをやってればいつかバーニッシュかバーニッシュじゃないかなんて関係なく
 地球にいる全員の目に光が差す日が来る!って疑いもせずまっすぐ思ってたら…いいな…
 ガロ・ティモスはきっとそういう男だと思うので…
 最初の出動で流れる時とラストで流れる時ではそういったバーニッシュへの理解度とかも
 変わってきそうですね。

・「You guys are smiling at me And you inspire」→「守るべき皆から笑顔を向けられて 俺の魂は燃えるんだ」
 マッドバーニッシュの面々が笑って挑発して戦意が燃える、という解釈がスタンダードなのかなとは
 思いつつ「You guys」に親しみを感じたので、この訳ではバーニングレスキューや
 守るべきプロメポリス市民からの声援(ガロ登場シーンのアレ)や笑顔と解釈しています。
 プロメアの作品全体を通し、特に主要三人はそれぞれの信念や仲間、または使命感や野望、衝動など
 自分たちが譲れない大事なものを「守る戦い」をしている印象が強かったので
 それなら挑発に乗って戦いを欲するのではなくて、自分の守るべきものを守りたい防衛戦のほうが
 相応しいかな、と思いこの訳にしました。

・「I'm a fool for adventure,you know?」→「俺は宇宙一の火消しバカなんだぜ、知ってるか?」
 劇中のセリフを取り入れてガロらしさを強調したかった部分です!
 「you know?」が「俺を宇宙一の火消しバカだって知ってんだろ?」という強気な印象を与えていて
 この歌詞の中でもとても好きな言い回しですね…。

・「Barely catchin' my breath Lay my eyes on the crest」→「俺の呼吸をちょっとでも受け止めたなら この青いトサカを見つけるだろ」
 ここは特に意訳が強い&解釈が分かれそうなところなのですが個人的な思いで訳しました。
 「俺の呼吸」については炎が燃えるための酸素を意識しつつ、終盤のあのシーンを見た方には
 「呼吸」を受け止めた彼の目が最初に見つけたのはガロの姿だったんだろうな…
 という意味合いも込めて。
 「青いトサカ」はガロのモヒカンです。
 「crest」を文脈で訳すと「頂点」「勲章」あたりになるとはわかりつつ、
 パンフでも触れられていた「反骨精神」であるガロの特徴的なモヒカンと掛けたら面白いかな、
 と思ったのであえて「トサカ」の方で訳してみました。

・「So, I carry the torch to inferno! Inferno!」→「俺が炎の頂まで連れていく! そう、この炎のてっぺんへ!」
 「Inferno! Inferno!」の繰り返し部分のリズムが気持ちよくて歌いたくなる部分ですね!
 ガロが目指す炎の頂というのは、最初は街を燃やし市民を脅かす消すべき炎だっただろうし、
 終盤ではガロが助けたいと思った世界と人類を導く先の未来を指しているかもしれないし、
 本編が進むごとに意味が変わってくるかな、という気持ちです。

・「It's out of the park And I'm smilin' again」→「そいつを思いっきりかっ飛ばしたら もう一度俺は笑うんだ」
 「out of the park」=「ホームラン」で、転じて「大成功する、うまくいく」の表現ですね。
 命を賭して炎と戦うガロが「ホームラン」と野球のゲームに例えているのが、どんなピンチでも
 自分らしさとユーモアを失わないガロらしいフレーズです。

・「Here we go」→「さあやっと始まるぜ」
 「Let's go」ではなく「Here we go」なのは「we」なのが大事だったのかな?と思います。
 「俺たちはレスキュー『隊』なんだよ(うろ覚えです)」というセリフがあったり、
 後半はリオとも結託して世界の崩壊に立ち向かいます。
 ガロは突っ走っているように見えてチームワークを欠かさずに仲間を大事にしていました。
 「自分は独りで戦っているんじゃない、チームなんだ」という意識を強く感じます。

・***部分「I know I know ~ Yeah, I know」
 「I know I know」と繰り返す部分はたぶんリオに向けている言葉なんだろうけど、
 本編セリフ「俺は助けるぜ。リオも地球もあんたもな!」が印象深かったので
 クレイやそのほかにもバーニッシュ・巻き込まれた民間人もみんな含めて、
 ガロが助けたいと願った人物みんなへの気持ちなのかなと感じます。
 そのまますぎるかな?だとかもっと意訳した方がいいのかな?と思いましたが
 このシンプルな同じワードを繰り返していることに意味があると思いこの訳に。
 ガロはきっとややこしく飾った言葉ややりとりなんて介さず、自分の思ったことをそのまま口にして
 そのまっすぐさで皆を救ってくれると感じたので、これくらいシンプルでいいんだと思います。
 むしろそのシンプルさに意味がある。

・「Even told me that I wouldn't reach the top But I follow my grandfathers' journey」→「「お前にはムリだ」って言われたって ずっと続いてきたこのやり方で進むだけだ」
 「grandfathers' journey」、そのまま訳すと「おじいさんの旅」で、同名の絵本があるそうです。
 学が浅く読んだことはないのですが(今度探してみます)祖父が若い時に世界を見にアメリカへ渡り
 そこで家族を持ち暮らしますが、今度は祖国の日本が恋しくなるという郷愁を描いた作品だそうです。
 幼い頃に家を失ったガロの居場所がクレイの保護下、そしてバーニングレスキューと移っていくさまに
 なんだか共感を覚える内容ですね!(今後ちゃんと読んだらまた加筆します)
 頭に「my」が入っていて「俺のじいちゃん」という自分のルーツを指している言葉に聞こえるので
 自分の尊敬する先人たちが歩いてきた道を自分も辿っていく、という表現にしました。

・「I down a coffee, grab my axe and then I'm out I got a rage inside that's making me shout」→「胃に放り込んだコーヒーが 得物を引っ掴んで沸騰し 燃え猛る炎になって叫びが溢れ出す」
 ガロコーヒー飲めるの!?と驚きました(すみません…)が、一見単純で子供っぽいガロが
 きちんと大人の面を持っていることが表れている歌詞に感じます!
 「得物」はもちろん「マトイギア」ですね。ガロの燃える火消し魂の象徴である纏を
 勢いよく手にした途端、彼の気合が燃えて火事場に突っ込んでいくようなイメージです。

・「All my life ~ A happy life for me」部分
 ここも後半は特に意訳が強めです。
 「Been hoping for A happy life for me」を「俺たちで作っていくんだよ 俺たちが手を取り合える世界を」
 と訳していますが、本当にストレートに訳すなら「俺の幸せな人生を願い続ける」という、
 ガロにしてはかなり個人的でささやかな文章になりそうです。
 ここのパートは曲調も少ししんみりとして寂しさや感傷も感じるので、ガロが自身の
 過酷な人生を振り返って心からの平穏を求めているようなニュアンスを受け取りました。
 でもきっとガロはそんな風には言わないな、という思いから「俺」を「俺たち」に、
 ただ「幸せを願う」のではなく「手を取り合える世界を作る」という積極的な訳にしました。
 ラストシーンのリオとの会話が印象深かったので、それを反映した表現にもしています。

・最後の*部分「Trails of fire ~ They'd lead me to you」
 ここはエンドロールで流れたときのイメージの訳なので、
 最初に歌っているのとは少しニュアンスの違う歌詞として追加してみました。
 リオが相棒になって、最初に抱いていたころと違う視点になっているといいな…という思いです。
 燃え盛っていた炎は燃え尽きて、ガロの居場所はリオの隣になる、という
 それぞれがあるべき場所へ帰っていくという物語の結末をイメージしています。

///

【プロメア挿入歌和訳まとめ】
「ΛSHES」 和訳 : https://privatter.net/p/4666787
「NEXUS」和訳 : https://privatter.net/p/4669162
「Gallant one」和訳 : https://privatter.net/p/4662208


ads by microad

もも🍔原稿 @ginxaki

最高です!!!!!ありがとうございます!!!!
そして和訳お疲れさまです。めちゃくちゃ燃えました

2019-06-17 17:56:54
すみこ @placevo

こちらこそ読んで頂いてありがとうございます!!みなさんに見ていただけただけで翻訳作業の疲れ吹き飛びました!
拙い訳かとは存じますが燃やすことができて何よりです…!

2019-06-17 21:22:14
兎角 @airsting

素晴らしい訳しで感動しました!

本当に感動しすぎて言葉がないです!!

これを傍らに再度観賞したくなりました🙏🙏✨✨

2019-07-31 12:42:14
すみこ @placevo

お褒めいただきありがとうございます!より作品の理解を深めるきっかけになれたらと思い書いた訳なのでとても嬉しいです…🙇‍♂️上映館も少なくなってまいりましたが、頭の片隅に詰めてぜひ再度観賞していただければ幸せです!

2019-07-31 19:15:15

You have to sign in to post a comment or to favorites.

Sign in with Twitter


Profile
すみこ @placevo
Share this page

ads by microad


Theme change : 夜間モード
© 2019 Privatter All Rights Reserved.